野球善哉BACK NUMBER

虎党の叫びはベンチに届いたか?
阪神の低迷と若手育成を考える。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/07/18 12:10

虎党の叫びはベンチに届いたか?阪神の低迷と若手育成を考える。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

4月1日の開幕戦以来の一軍出場を、7月17日の対巨人戦、しかも本拠地・甲子園でのスタメンで飾った伊藤隼太。4月2日には二軍落ちしていただけに、この日の初安打は喜びもひとしおだった。

 7月17日の阪神vs.巨人。3点ビハインドから売り出し中の新井良太が追撃の2点本塁打を放ち、続けてドラフト1位ルーキーの伊藤隼太がプロ初安打をマークすると、甲子園はとてつもない歓声に包まれた。

 虎党は若手の台頭を心待ちにしている――。

 そんなファンの期待を表すかのような、異様とも思える大歓声だった。

 まもなく、今シーズンの折り返しを迎えるが、阪神ほど生え抜きの新戦力起用に消極的なチームはないだろう。

 開幕前にレギュラー候補と目されていた大和と柴田講平は、常に相手先発投手のタイプによって併用され続けていた。シーズン序盤、大和が試合を決める一打を放って信頼を得かけたが、依然として定まった評価を得られていない。ブラゼルや城島健司、金本知憲ら名のある長距離ヒッターたちの前では、まだまだ彼らの存在感は薄いままだ。

 投手陣にしてもルーキーイヤーに4勝を挙げた秋山拓巳は、ファーム首脳陣からの猛プッシュがあったにもかかわらず、1試合の登板のみで一軍を後にしている。'09年ドラフト1位の二神一人にいたっては、雨のためローテーションが崩れたことで初先発の機会を失い、そのまま二軍に降格してしまっている。

“チャンスは自分でつかみとるもの”とはいえ、阪神の若手に対する扱いは決して良いものとは思えなかった。

失策が多い広島・堂林と、それを我慢して使い続ける野村監督。

「起用する側が腹をくくってやればいい」

 そう話したのは、若手の台頭が著しかった頃の巨人・原辰徳監督である。つまり、若手が成長していく過程には、当然ながらある程度、起用する側の我慢が必要だということだ。

 確かに、今季これまでを振り返ってみても、若手が台頭しているチームはそうした難しい起用を続けているのが分かる。

 例えば、セ・リーグ4位に浮上した広島の場合。

 若きプリンス・堂林翔太を開幕スタメンに抜擢し、3戦目こそスタメンを外れたが、それ以降、全試合で堂林をスタメン起用している。

 4月24日の甲子園でのプロ初本塁打に始まり、現時点で計9本塁打。オールスター最後の枠にも選ばれた堂林だが、その道程でチーム首脳陣の全ての期待に応えてきたわけでは決してない。特に守備面では課題が多く、今季すでに両リーグワーストとなる断トツの19失策を記録している。試合の終盤になっての彼の失策は、チームの勝利を台無しにしかねないときも多々あった。

 それでも、野村監督は頑として堂林をスタメンから外さなかった。

「起用する監督の責任」と覚悟して、堂林の起用にこだわった。

【次ページ】 星野監督から怒鳴られ続けて急成長した枡田。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
阪神タイガース
伊藤隼太
堂林翔太
広島東洋カープ
野村謙二郎
枡田慎太郎
東北楽天ゴールデンイーグルス
星野仙一
和田豊

ページトップ