ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

井岡vs.八重樫の激闘を徹底検証。
本物の世界戦で本物の王者を見た! 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2012/06/21 11:30

井岡vs.八重樫の激闘を徹底検証。本物の世界戦で本物の王者を見た!<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

対戦中、何度もドクターストップ寸前までいったが、八重樫は「僕はもともと目が細い顔なんですよ! 続けさせて下さい!」と言い続けた。井岡は今後はライトフライ級に階級を上げて2階級制覇を目指すことになる。八重樫も同様に階級を上げ、再戦の意志を表明している。

 国内初の2団体統一戦として話題を呼んだWBC・WBA世界ミニマム級王座統一戦は、WBC王者の井岡一翔(井岡)がWBA王者の八重樫東(大橋)を3-0の判定で下して幕を閉じた。いずれも1~2ポイント差という僅差の判定だった。

 試合は12ラウンドを通してどちらに転ぶか分からず、各ラウンド3分の間でも、めまぐるしく優劣が入れ替わる展開となった。

 判定通り井岡の勝利と見た者がいる一方で、八重樫の優勢と感じた者もいたはずだ。ボクシングファンが手に汗握るファイトに酔いしれた夜、白熱の好ゲームであったからこそ、ここはあえて採点という立場から冷静に試合を振り返ってみたい。

八重樫の唯一の誤算だった、初回に受けたまぶたへのダメージ。

 青コーナーの八重樫は好調な滑り出しに見えた。ジャブの差し合いで井岡に引けを取らず、鋭い踏み込みと連打でジャッジに攻勢をアピールした。唯一の誤算は初回にまぶたを腫らしたことである。

「見えなくはならなかったけど、見えにくくはなった。距離をうまく測ることができず、前に出るしかなくなった」(八重樫)

 選択肢を失った末の戦い方とはいえ、パワーというアドバンテージを生かし、積極的に前に出るアタックは、ジャッジに、そして試合を見ているファンに攻勢をアピールする効果があった。

 八重樫のパンチは井岡よりもワイルドで、ガードの上を叩いてもバシバシと景気のいい音を立てる。俗に言う「見栄えがいい」攻撃だ。実際に右アッパーや右ストレートなどのビッグパンチも打ち込み、井岡以上に会場を盛り上げたと言っても過言ではない。打ち合ってもパンチの回転力と迫力では上回っていた。見せ場を多く作り、もしジャッジ構成が違っていれば、逆の判定も十分にあり得ただろう。

 だが、これを赤コーナー、井岡側から見ると景色はまったく変わってくる。

【次ページ】 八重樫に決してポイントを取らせないという戦い方。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
井岡一翔
八重樫東

ページトップ