野球善哉BACK NUMBER

交流戦制した巨人の独走は許さない!
中日の試合前練習に見た試行錯誤。  

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/06/20 13:10

交流戦制した巨人の独走は許さない!中日の試合前練習に見た試行錯誤。 <Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2年連続交流戦勝ち越しを決めた中日・高木守道監督。「打ててないんでね。勝ち越しは十分ですよ。余裕で勝ってる試合なんてひとつもないんだから」と安堵のコメントを残している。

 巨人が交流戦を初めて制した。

 機能し始めた強力打線とノーヒット・ノーランを達成した杉内俊哉など投手陣がかみ合い、危なげなく勝利を重ねての初の載冠である。

「交流戦でいい成績を挙げないと、と思っていた。チーム状態が上向きで突入できたし、その勢いを持って素晴らしい交流戦になった」

 饒舌に語る原辰徳監督のその言葉に、充実感が漂っている。

 この交流戦優勝がセ・リーグの球団として初めて、ということが手伝っているからだろうか、気の早いコメンテーターは巨人のリーグ制覇は間違いなしとまで言い始めている。

 本当に巨人は、このままセ・リーグを突っ走っていくのか。

 セ・リーグにライバルはいないのだろうか。

 そこで気になるのは、昨年のチャンピオン・中日の存在だ。交流戦を昨年に続いて勝ち越してフィニッシュ。セ・リーグ首位の座を依然として守っている中日を侮れるはずがない。この数カ月、中日にまつわる前向きな話は聞こえて来なかったが……。

選手の故障が続いたが、それでもリーグ首位をキープしている中日。

 交流戦序盤に絶対的セットアッパー浅尾拓也が離脱。二軍調整中に故障し、今季絶望という噂まで流れた。それ以前にも、エースの吉見一起、川上憲伸が戦列を離れているし、中継ぎで結果を残し続けてきた新人の田島慎二まで、肩痛で登録を抹消された。森野将彦は調子が上がっていないし、移籍加入した山崎武司は4月のインフルエンザ発症以降、ほとんど機能していない。

 だが、それでも、中日は一昨年まで苦手にしていた交流戦で貯金を作り、首位をキープしている。

 特に、交流戦の最終節となったオリックスとの2連戦は、まさに、中日の勝負強さを象徴するような試合だった。

【次ページ】 粘り強くて勝負強い……昨季を彷彿とさせる中日。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ
原辰徳
中日ドラゴンズ
高木守道

ページトップ