欧州CL通信BACK NUMBER

バルサCL連覇の夢、潰える――。
チェルシー“急造”4-5-0の鉄壁。
 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/04/25 12:30

バルサCL連覇の夢、潰える――。チェルシー“急造”4-5-0の鉄壁。<Number Web> photograph by Getty Images

試合後、「すごく時間が長く感じた。でも、僕たちの夜になる、という感覚があった」と語ったランパード(左)。一方、メッシは、後半4分にはPKをクロスバーに当て、同38分にはシュートをポストに阻まれるなど決定機を生かすことができず、2連覇の夢を果たすことはできなかった。

 第1レグと同様、極端に引いた布陣で挑んでくるはずのチェルシーから、バルサは何点を奪えるのか――。

 試合前日会見でグアルディオラも「第1レグもチャンスは多かった。今回はそれを決めること」と語ったように、この試合の焦点はそこにあった。

 グアルディオラは第1レグより前がかりとなる3-3-4を採用。ダニ・アウベスをベンチに置き、前線にはクエンカ、メッシ、アレクシス、イニエスタを並べる、より攻撃的な布陣で挑む。

 一方のチェルシーは第1レグと同じ11人。4バックの数メートル前にマタ、ランパード、ミケル、メイレレス、ラミレスが並び、最前線にはドログバを置いた。

 ボールを持ち攻め続けるバルサと、後方に引いてカウンターを狙うチェルシー。試合の構図は同じだった。

 開始からボールを繋ぎ、隙間を見つけ出そうとパスを繋いでいくバルサ。20分には中央をドリブルで進んだメッシがセスクとのワンツーから抜け出しエリア内でシュートを放つなど、得点は時間の問題のようにも映った。

前半43分、バルサの決勝進出は固い――。誰もがそう思っていた。

 試合が動き始めたのは、前半半ばを過ぎた頃のこと。

 まずはバルサの先制点である。

 35分、コーナーキックから、ピケに代わって途中出場していた中央のアウベスに繋がり、左サイドのクエンカへ。クエンカの折り返しを中央でブスケッツが押し込んだ。

 ブスケッツの、実に19カ月ぶりとなる得点。2試合トータルの成績を振り出しに戻すゴールにカンプノウは沸いた。

 それから3分後、アレクシスに後方から膝蹴りをしたテリーが一発退場となる。

 テリーは抗議するも、映像を見れば明らかにプレーと関係のないところで膝を入れており、退場する際にはブーイングが起こった。テリーは後に「申し訳ないことをした。チームメイトに試合後謝った」と語っている。

 主将の離脱は、すでに負傷退場していたケーヒルに続くもの。チェルシーはふたりのCBを前半で失うことになったのである。

 数的優位となり勢いに乗るバルサは攻めの姿勢を強めていく。

 43分にはメッシのスルーパスを受けたイニエスタがゴール右隅に押し込み追加点を決める。

 スコアは2-0、2試合合計で2-1と逆転。しかもチェルシーは10人だ。バルサの決勝進出は固い――。誰もがそう思っていた。

【次ページ】 前半終了間際、ラミレスはなぜ縦へと走り出したのか。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
チェルシー
バルセロナ
ジョゼップ・グアルディオラ
ラミレス
リオネル・メッシ
セルヒオ・ブスケッツ
フェルナンド・トーレス
ロベルト・ディマッテオ
フランク・ランパード

ページトップ