欧州CL通信BACK NUMBER

第1レグを落としたバルサとレアル。
CL準決勝第2レグに待ち受ける罠。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byChelsea FC via Getty Images

posted2012/04/24 10:31

第1レグを落としたバルサとレアル。CL準決勝第2レグに待ち受ける罠。<Number Web> photograph by Chelsea FC via Getty Images

チェルシーの暫定監督ディマッテオ(写真右)は、興奮を抑えきれない面持ちで試合後に「バルセロナと戦うには少しだけ運も必要になる。もちろん、第2レグでも引き分けだけを考えて臨むつもりはない」と語った。一方のグアルディオラは「今日のチェルシーの守備は素晴らしかった。ただ、私たちにはゴール前での運が足りなかった」と淡々としたコメントを残した。

 番狂わせという程ではないが、準決勝第1レグは2試合とも「勝つ」と思われていたチームが負けた。特にバルサの敗北は、試合の展開からすると、意外な結果だった。

 チェルシーは予想どおりボールの支配権を放棄したため、バルサのボールポゼッションはUEFAの計算で72%、スペインメディアの計算では約77%に及んだ。

 その上で放ったシュートは19本。うち枠内に飛んだのは6本。

 ボールがバー/ポストに弾かれた2場面を含め、明白なゴールチャンスは控えめに数えても4回あった。

 それなのに1得点もできず、枠内へのシュートは1本しかなかったチェルシーが1-0で勝ったのだ。

 もっとも、これぞサッカーの面白いところではあるが。

第2レグの展開も攻撃のバルサに防御のチェルシーか。

 カンプノウで行われる第2レグはこの90分を繰り返すことになるだろう。

 即ち、チェルシーは守りに徹し、チャンスを窺ってさらなるゴールを狙う。バルサはボールを持って、試合のペースを作る。

 あとはバルサがチェルシーの守備壁をいかに崩すかが問題だ。何度もチャンスを作ったとはいえ、第1レグのチェルシーのディフェンスは素晴らしかった。

 中でもテリーとケーヒルのセンターバック2人。

 メッシの動きに釣られなかった彼らがゴール正面に居座ったせいで、バルサ得意のコンビネーションプレーは威力を失った。

 それからオビ・ミケルとメイレレスの2人。

 ドログバの先制ゴール後、彼らがディフェンスライン前のスペースを巧みに消したことで、バルサの攻撃は足枷をはめられた状態になった。

【次ページ】 カンプノウでの失点を許さぬバルサが逆転勝ち抜け?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バルセロナ
チェルシー
レアル・マドリー
バイエルン・ミュンヘン

ページトップ