野ボール横丁BACK NUMBER

松井秀喜は日本球界に帰らない……。
命懸けでメジャーに行った男の覚悟。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/03/10 08:01

松井秀喜は日本球界に帰らない……。命懸けでメジャーに行った男の覚悟。<Number Web> photograph by Kyodo News

2月下旬の渡米後、ニューヨーク州内の施設でひとり黙々と練習に励む松井秀喜。メジャーでの10年間のプレーで満額収得できる年金制度や、キャンプインから遅れて入団する場合の就労ビザなど……様々な問題と思惑が松井の周囲では飛び交っている状態だ。

 依然として、松井秀喜の契約がまとまらない。

 そんな中、日本球界復帰説がまことしやかに流れているが、その可能性は極めて低いと思う。

「いつ辞めてもいいと思ってますよ」

 2010年2月、エンゼルス1年目のスプリングキャンプでのことだ。松井はロッカールームで、いつもの甲高い口調でそう語っていたものだ。

 軽い言い方だったが、その瞬間、松井はメジャーで野球人生を終えるつもりなんだろうなと直感した。

 引き際がやってきたら、そこまで現役に執着はしない。もっと言えば、日本に戻ってまでやろうとは思っていない、そう表明しているのだと解釈した。

「命をかけて」海を渡った松井秀喜の悲壮なまでの覚悟。

 松井の日本球界復帰について、いろいろな意見が飛び交っている。

 膝が悪いのなら、巨人で代打として数年間やればいいじゃないか。阪神の金本知憲や、広島の前田智徳のように、代打だけでもファンを喜ばせることはできる、という意見。

 いやいや、パ・リーグに入ってDHでやれば、まだ20本、30本はホームランを打てる、という意見。

 どちらも、現実味がないわけではない。ただ、いずれも、本人に日本球界に戻る意志があればの話だ。

 そうした仮定の話をする以前に、松井が日本のプロ野球のユニフォームを着る姿が、どうしても想像できないのだ。

 松井は巨人を去るとき、「決断した以上は、命をかけてがんばります」と発言した。普段、言葉で自分を飾ることをしない、あの松井が、だ。

 これは素直に訳せば「メジャーで死ぬつもりです」ということになる。

 松井は、それぐらいの覚悟でアメリカに渡ったのだ。

【次ページ】 “巨人の四番”の絶対性に亀裂を生じさせた松井の移籍。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松井秀喜
岩村明憲
松井稼頭央
長嶋茂雄

ページトップ