Number on NumberBACK NUMBER

女子サッカーの現在地。
~W杯優勝でどう変わったか?~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2012/02/04 08:00

女子サッカーの現在地。~W杯優勝でどう変わったか?~<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

W杯優勝からわずか1週間後に再開されたなでしこリーグ2011シーズン。7月24日、ホームズスタジアム神戸で行われたI神戸対ジェフLの試合には、過去最高(当時)となる17812人の観客が詰めかけた

 ロンドン五輪に向けて、日本選手団の「顔」は誰だろう、と考えてみると、期待度に老若男女を超えた認知度という点を加味すれば、やはり「なでしこジャパン」ではないだろうか。現在、FIFA女子ランキングにランクインしている国と地域は173。日本は第3位である。1位は米国。2位はドイツ。これほど世界的に普及した団体球技で、日本が下位から成長を重ね、ここまで上り詰めた競技は珍しい。他の競技を見ると、日本の女子が過去に好成績を収めたのは、五輪競技になった当初の、比較的まだ競争の少ない時期だったのである。

 例えばバレーボールが正式競技になったのは1964年の東京五輪。日本女子は、その東京五輪と'76年のモントリオール五輪で金メダルを獲得している。そして'84年ロサンゼルス五輪で銅メダル。つまり、五輪の正式競技になって最初の20年間はメダルを獲得していたが、その後は獲得できていないのである。バスケットボールでも、同じようなことが言える。正式競技になった'76年モントリオール五輪で最高の5位を記録。20年後の'96年アトランタ五輪でも7位になったが、その後は、出場できても予選リーグ止まりだ。まだ参加国の少ない最初の時期は活躍しているが、その後は順位を下げる傾向にあるわけだ。

他の女子スポーツと逆の歩みを辿っているなでしこジャパン。

 ところが、なでしこジャパンは逆の道のりを辿っている。女子サッカーが五輪正式競技になったのは'96年のアトランタ五輪。そこから'04年アテネ五輪までは、最高でベスト8に止まっていた。しかしその後、'08年北京五輪でベスト4、そして'11年のW杯で初優勝。五輪の正式競技になって12年後にベスト4、15年後にW杯優勝と、女子サッカーが世界的に盛んになるにつれて、成績を上げてきたのだ。

 ロンドン五輪が近づくにつれ、なでしこジャパンへの注目度はまた高まっていくと思われるが、現在、日本の女子サッカーの人気はどういう段階にあるのか。その点を、ここで一度まとめておきたい。

 別表は、'11年のなでしこリーグ上位5チームの平均観客数を、W杯前とW杯後に分けて示したもの。および毎年12月に行なわれる(決勝は1月1日)全日本女子サッカー選手権の観客数を'10年と'11年で比較したものだ。

●2011年なでしこリーグ 上位5チームの平均観客数
チーム 主な選手 W杯前
1試合平均
W杯後
1試合平均
INAC神戸レオネッサ 澤穂希
川澄奈穂美
912人 13646人
日テレ・ベレーザ 岩清水梓
岩渕真奈
700人 2193人
浦和レッズレディース 矢野喬子
山郷のぞみ
1728人 2534人
岡山湯郷Belle 宮間あや
福元美穂
1169人 3085人
アルビレックス新潟レディース 阪口夢穂
上尾野辺めぐみ
1434人 5714人
●全日本女子サッカー選手権の観客数
試合 2010年 2011年
準々決勝 ジェフL - 浦和
865人
ジェフL - 岡山湯郷
1535人
東電 - 新潟L
847人
神戸 - AS狭山
1411人
常盤木学園 - 藤枝順心
381人
伊賀FC - 日テレ
1224人
岡山湯郷 - 神戸
308人
新潟L - 浦和
1047人
準決勝 新潟L - 浦和
2310人
神戸 - 岡山湯郷
4417人
常盤木学園 - 神戸
1224人
新潟L - 日テレ
2866人
決勝 神戸 - 浦和
14706人
神戸 - 新潟L
20977人

 なでしこリーグの上位5チームは、どのチームも、11年7月のW杯前に2~3試合の本拠地試合を戦っている。そしてW杯の後に5~6試合だ。それぞれの1試合平均を出してみると、すべてのチームがW杯後に大きく観客数を伸ばしている。中でも優勝したINAC神戸は912人から1万3646人と、10倍以上に増えている。W杯後の5試合のうち1試合は無料試合だったが、それでも大変な増え方だ。

 一番増加の少ない浦和レッズレディースでも、1728人から2534人と47%もアップしている。浦和は全試合を有料試合で行なっているため、これはそのままクラブの収入増につながる。アルビレックス新潟レディースも、W杯前は1試合だけ無料試合があって1434人だったが、W杯後の6試合はすべて有料試合で5714人だ。

【次ページ】 INAC神戸と新潟LはJリーグレベルの観客動員数。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
INAC神戸レオネッサ
アルビレックス新潟レディース

ページトップ