Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<'99Wユース決勝> 黄金世代 「完敗から手にしたもの」 ~遠藤、稲本、小野たちの11年前~ 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byGo! Yanagawa

posted2010/03/26 10:30

<'99Wユース決勝> 黄金世代 「完敗から手にしたもの」 ~遠藤、稲本、小野たちの11年前~<Number Web> photograph by Go! Yanagawa
11年前、若き日本代表が世界の頂点まであと一歩と迫った。
彼らが“黄金世代”と呼ばれる所以である。
だが決勝で喫した敗北にこそ、特別な意義があった。

 自分のサッカー人生で一番印象に残っているのはどのゲームだろう。

 その質問に遠藤保仁は、ボソッと答えた。

「ナイジェリアのスペイン戦やなぁ」

 1999年、ナイジェリアでFIFA主催の世界大会であるワールドユースが開催された。U-20日本代表は、その大会で準優勝という偉業を達成した。

 スペイン戦は、その決勝である。

 当時を振り返ると、ナイジェリアの環境は、日本だと考えられないくらい、かなり劣悪なものだった。だからこそ、準優勝は非常に価値があったと今も思っている。

 日中の気温は40度近く、日が落ちても熱気と湿気が肌に粘りつき、体力を消耗させた。蛇口をひねるとコーヒー色のシャワーが出て、生ものはほとんど食べられない。部屋には5色のトカゲが頻繁に出没し、マラリアの予防薬を毎日欠かさず服用した。ホテルのエレベーターは度々止まり、グループリーグのイングランド戦で起きたように、停電は日常茶飯事……。こんな環境で選手は3週間も戦い続け、歴史を作ったのである。

なぜ遠藤は完膚無きまでの敗戦をベストゲームに挙げるのか。

 だが、遠藤の選択には多少の違和感もあった。ナイジェリアでのベストゲームというのであれば、間違いなく準々決勝のメキシコ戦だ。フラット3が完璧に機能し、アルゼンチンを破って上がってきたメキシコに何もさせず、2-0で完封勝ちした。

――なぜ、スペイン戦?

「あそこまでボッコボコにやられて、ボロ負けした試合は今までないからね。俺も何もできずに終わったんで……」

 決勝は、それまでの日本の活躍がウソのようにボコボコにやられた試合だった。

 開始5分でGK南雄太がオーバーステップの反則を犯し、FKから失点してしまう。準決勝までの日本の勢いは封じられ、シャビを中心とするスペインのパスワークとスピードについていけず、前半だけで3失点。早々に、勝負はついた。

累積警告で欠場した小野に代わり氏家が先発、キャプテンマークは高原が巻いた。だが大黒柱の小野が抜けた穴は大きく、なす術なく完敗。大会ベストイレブンには小野と、鋭いドリブルで日本の躍進を支えた本山が選ばれた

「先制点の取られ方もよくなかったね。でも、準決勝までの相手なら巻き返せるっていう感じがあったけど、スペインだけは巻き返すどころか、勝てる気ゼロやった。正直、スペインの完成度や個人能力の高さをすごく感じた。例えば、シャビは体格的にそんなに大きくないし、見た目も強い感じはしないけど、ここぞという時はしっかり身体を張って、当たり負けしなかったからね。当時はバルサのトップチームに入りたての頃だと思うけど、やばいって思っていた」

 遠藤は当時、ワンボランチとして中盤の底で攻守の要になっていた。技術には自信があったが、周囲を走り回るスペインのそれは、自分を遥かに上回るものだった。

――それは、ショックだった。

「いや、ショックというよりも、こいつらすげぇーなっていうのが大きかった。だって、スペインは今もそうだけど、下からトップまで同じようなサッカーするでしょ。それに国や国民が選手に求めるサッカーの質が日本とは違う。積み重ねてきた歴史もあるし、そういうところの差が間違いなく出たと思う」

【次ページ】 ベンチ組だった加地は「スペイン戦は出なくて良かった」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
遠藤保仁
稲本潤一
播戸竜二
ワールドユース

ページトップ