プロ野球亭日乗BACK NUMBER

浪人のリスクよりも巨人の夢を……。
東海大・菅野智之の「諦めない心」。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/11/27 08:01

浪人のリスクよりも巨人の夢を……。東海大・菅野智之の「諦めない心」。<Number Web> photograph by KYODO

浪人という苦渋の決断を発表した菅野。社会人リーグや独立リーグ、メジャーなどに進むと来年のドラフト会議で指名される資格を失うので、他の道にも進むつもりは無いとしている

 アスリートにとって、大事な資質の一つが「諦めない心」だと思う。

 いかなる逆境になっても、どんな苦しい展開になっても、自分の目標に向かって折れない心を持ち続ける。

 その心があるからこそ、彼ら、彼女らは、苦しい練習に耐えて走り続けられるし、最後に夢をつかむ権利を得られるのである。

 東海大・菅野智之投手が、日本ハムの指名を拒否して1年間、浪人をすることを決断した。

「日本ハムさんからいろいろなお話を聞いて光栄に思いました。しかし、それ以上に、自分が小さいころからの夢、そういうものがそれ以上に強かったということです。

 回り道になるかもしれませんが、夢に向かって頑張っていきたい。自分は絶対むだな1年にはならないと思います。マイナスよりプラスに考えたい」

 入団拒否を発表した会見で、菅野は決断の理由をこう説明した。

浪人のリスクよりも「夢」を選んだ菅野の決断。

 リスクは大きい。

 1年間、公式戦のマウンドを踏めない。これまでは春秋のリーグ戦、大学選手権、日米野球など、節目、節目で様々な目標を持ってモチベーションを保ちながら調整をしてきたが、そういう節目の目標もなくなる。

 何よりも実戦の、アドレナリンが出た状態でのピッチングをできなくなるわけである。

「予想以上に大変なことだ」

 プロ入りの際に1年間の浪人を経験している江川卓さんや元木大介さんは口を揃えて、こう語る。

 おそらく菅野がこれから1年間で経験することは、想像を越える苦難の道になるだろう。日本ハムに入団するかどうかではなく、これから自分が踏み出そうとする道の険しさを知るからこそ、菅野も決断に苦しんだのだと思う。

 だが、その苦しさ、険しさにもまして「小さい頃からの夢」――巨人のユニフォームを着てプレーするという――その「夢」が強かったということだった。

【次ページ】 プロ野球選手ではなく、巨人の選手になりたい──。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
菅野智之
読売ジャイアンツ
北海道日本ハムファイターズ
ドラフト会議

ページトップ