SCORE CARDBACK NUMBER

節電の影響で“超高速”の
戦いとなる今年の8耐。
~7・31の鈴鹿を制するのは誰だ?~ 

text by

河野正士

河野正士Tadashi Kohno

PROFILE

photograph byMasahiro Seya

posted2011/07/29 06:00

節電の影響で“超高速”の戦いとなる今年の8耐。~7・31の鈴鹿を制するのは誰だ?~<Number Web> photograph by Masahiro Seya

テストで好調をアピールした伊藤真一。心強いパートナーを得て4度目の8耐制覇を狙う

 7月31日、第34回鈴鹿8時間耐久ロードレース、通称「8耐」が開催される。モータースポーツ好きにとって“夏の風物詩”とも言えるレースだが、今年は、その様子がいつもと少し違う。

 東日本大震災の復興にともなう節電への配慮から、今大会に限り、決勝レースのスタート時刻を例年より1時間早い10時30分とし、ゴール時間も18時30分へと早められる。その結果、夜間走行が行なわれないのだ。

 夕闇に列をなして揺れるヘッドライトと排気音は「8耐」の象徴。それが見られないのはファンとして寂しい気もするが、夜間走行がない今年の8耐だからこそのレース展開も予想されている。それは、これまで以上の超高速耐久だ。

「スプリント耐久」と呼ばれ、アベレージスピードが速いことで知られる鈴鹿8耐。夜間走行が回避されることはもちろん、スタート時間が早まることで気温や路面温度のコンディションの良い時間帯に走行することが可能となる。そうなれば、スタート直後のスプリントレース並みの緊迫感はさらに凄みを増し、前半戦のポジショニング争いが激しくなる。そして夜間走行のない後半戦へと突入。そんな緊迫した8時間は、今まで誰も経験したことがないのである。

219周の最多周回記録更新はあるのか?

 だからこそ、下馬評に上がるのは速さと強さを兼ね備えた、経験豊かなチームとなる。その大本命がTSRホンダだ。昨年の全日本JSB1000チャンピオンである秋吉耕佑と英国スーパーバイク選手権のチャンピオン清成龍一、そして昨年引退を表明するも被災者激励のために今年のSB1000開幕戦に参戦、いきなり3位を獲得した伊藤真一の3名を起用。それぞれが8耐優勝を経験し、他チームを圧倒する速さと安定感を誇っている。7月上旬に行なわれた合同テストでは好調な仕上がりを見せ、一番時計をマークしていた。

 ハルクプロとヨシムラ・スズキからも目が離せない。合同テストでは、TSRとともにトップ3を形成。その仕上がりの良さから、予選/決勝を通して8耐をリードしていくことは間違いない。

 兵どもが、いかに異次元の8耐を戦うのか。219周の最多周回記録(コース改修前の参考記録)更新の期待も込めつつ、しかと見届けたい。

■関連コラム► 清成のWSB初勝利は、8耐で掴んだ成長の証。(08/08/27)
► ホンダの秘蔵っ子、清成が満を持して世界を戦う。(08/02/28)

関連キーワード
秋吉耕佑
清成龍一
伊藤真一
ホンダ
鈴鹿8時間耐久ロードレース

ページトップ