スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

城島のマリナーズ退団、本当の事情。
7億捨てて、みんなHAPPY! 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/10/24 08:00

城島のマリナーズ退団、本当の事情。7億捨てて、みんなHAPPY!<Number Web> photograph by Getty Images

2006年マリナーズ入団からの毎年のOPSは、.783(2006年)、.755(2007年)、.609(2008年)、.702(2009年)。ホークス時代の後期はコンスタントに.900を超えており、2004年には1.087という驚異的な数値を記録している

 城島健司がマリナーズとの契約を2年分残しながら、日本球界に帰ることを決断した。

 昨年のオフの時点からシアトル・タイムズのジョフ・ベイカー記者は「2009年のシーズンが終わったら、城島には契約を破棄する権利がある」と報道していたので特に驚きはなかった(日本のいわゆるストレートニュースでは、なぜか報道してなかったけど)。

 現実問題として、城島は控えの捕手だった。プロの選手は「試合に出てなんぼ」である。毎日、マスクをかぶるチャンスがある日本球界を選択したというところだろう。

真面目な城島は“バイアウト”を潔しとしなかった!

 実はマリナーズにとっても、城島の申し出は渡りに船だった。城島の来季の年俸は8百万ドル(約7億2千万円)。とても控えの捕手に払う金額ではない。新人であれば4千万円に満たない金額で雇えるからだ。

 トレードに出そうとしても、この金額では引き取り手もいないから、球団側としては来季も黙って7億円を払って、「塩漬け」にするしか選択肢がなかったからだ。

 城島が契約を破棄したことで、マリナーズは来季の予算に7億円の「埋蔵金」を発見したようなものだ。

 しかも大リーグのビジネスでは、球団側から契約を破棄しようと持ちかけた場合は「バイアウト」と呼ばれる契約の買い取りを行わなければならない。ところが今回は、城島から申し出があったので、球団側はバイアウトする必要がない。本当に、本当にマリナーズにとってはありがたい。

7億円よりも「マスクを被ること」を選んだ生粋の野球人。

 ベイカー記者はエスプリを効かせて、

「ケンジは、とっても早いクリスマスギフトをマリナーズにプレゼントしてくれた」

 とブログに書いたほどだ。

このブログは、マリナーズ・ファンで英語の読解力のメンテナンスをしたい人にはピッタリ。ちょっと長いけど情報ソースが代理人であったことも書かれている)

 城島は日本で試合に出る。マリナーズは予算を他の選手に回す。つまり、両者WIN-WINの状況になったのである。

<次ページに続く>

► 【次ページ】  城島から正捕手の座を奪ったロブ・ジョンソンとは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
城島健司
シアトル・マリナーズ
阪神タイガース

ページトップ