SCORE CARDBACK NUMBER

あれから半年。エンゼルスが
亡き友に捧げた地区優勝。 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2009/10/20 08:00

あれから半年。エンゼルスが亡き友に捧げた地区優勝。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 9月28日、エンゼルスが3年連続でア・リーグ西地区優勝を決めた。外野フェンスに掲げられた写真と背番号34に向けて、彼の名を連呼しながら選手たちが一斉に駆け寄る。「僕たちは本当に打ちのめされた。その痛みは今でも癒えることはない」と外野手のハンターは言う。期待の若手投手、ニック・エイデンハート(享年22)が貴い命を落としてから半年。直後には地区最下位まで転落したが、その後は怒涛の快進撃を続け、彼に立てた誓いは現実のものとなった。

飲酒運転の車が若き右腕の未来を奪った。

 15歳のとき全米野球誌『ベースボールアメリカ』で年間最優秀ユースに選ばれるなど、エイデンハートの才能は早くから注目されていた。今季開幕前に同誌で球団の最も期待される選手にも挙げられ、開幕からローテーション入り。4月8日の今季初マウンドで6回無失点という見事な投球を見せた。惨劇はそのわずか数時間後の出来事だった。友人と同乗した車が、飲酒運転の車に追突されて大破し、帰らぬ人となってしまった。

 エンゼルスナインはユニフォームの胸に背番号34があしらわれた喪章を着用。彼と一緒に戦い抜こうと、ユニフォームやスパイク、それに最後の登板となった試合のスタメン表などをロッカーに置いたままにした。主がシャワー室から戻ってきて、いつ椅子に座っても不思議でないほど、あの時のままに残され続けた。本拠地の外には、彼を偲ぶファンがメッセージを記した球団の帽子や手紙などを置いた追悼の輪ができた。その輪にはキャンドルが灯され、シーズンが終わるまでそこを訪れる人が絶えない“名所”にまでなった。

チャンピオンズリングを亡き友の両親に捧げる。

 地区優勝を決めた後、エイデンハートのユニフォームとともにシャンパンファイトをする選手たちの歓喜の姿があった。それでもエースのラッキーが会見で語った本音が虚しく響き渡る。「彼の死によって、チームの勢いをもたらされたくはない。そんなこと誰も望んではいないさ。ニックに戻って来てほしい、彼がここにいてほしいんだ……」。プレーオフをどれだけ勝ち進んだところで、将来を約束された右腕はもう帰ってこない。それでも世界一のチャンピオンリングをエイデンハートの両親にプレゼントする、それを今シーズン最後の目標に掲げて、エンゼルスナインは最後まで戦い抜くという。

■関連コラム► 「あと一球」 23年を経た奇縁。 レッドソックスvs.エンゼルス。 (09/10/16)
► 弱含みのエンジェルスと強含みのヤンキース。 (09/10/05)

関連キーワード
ニック・エイデンハート
ロサンゼルス・エンゼルス

ページトップ