Web Original
フィギュアスケートコラム
photograph by Takuya Sugiyama/JMPA
フィギュアスケート、氷上の華

プルシェンコの連覇を妨害した!?
米国人ジャッジ、疑惑のEメール。
~五輪でのロビー活動の真実~

田村明子 = 文

text by Akiko Tamura

photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

 フィギュアスケート男子で4回転無しの王者が誕生し、4回転を跳んだエフゲニー・プルシェンコが結局2位。この1位、2位の結果をめぐって、五輪開催地のバンクーバーだけでなく世界中のフィギュア関係者の間で論争がおこっている。

 だが実はこの問題、単に「4回転ジャンプの評価が正当かどうか」という技術的な問題だけではなかった。

 日本ではほとんど報道されていないが、プルシェンコに対する北米フィギュア関係者によるロビー活動が事前に進行していたのである。日本では単に「プルシェンコが負け惜しみを言っている」もしくは「4回転ジャンプは最近の採点方法だと不利だった」という報道が多いようだが、それらの記事は、この騒動の表面しかなぞっていない。

欧州選手権後の取材でプルシェンコは自ら弱点を認めた?

《欧州選手権後の取材報道で、ある選手から「私たちのプログラムはジャンプに集中しているので、トランジション(5コンポーネンツのうちの一部門で、ジャンプなど要素間のつなぎのこと)はあまり考慮していない」という発言が出た。選手自らがないと認めている場合、我々ジャッジはこれをどのように採点に反映させるべきなのだろう? 興味深いと思わないか。》

 こんな内容のEメールが国際ジャッジとスケート関係者たちに送りつけられたのは、1月の欧州選手権が終了してしばらく経ってから、バンクーバー五輪開幕を1週間後に控える2月3日のことだった。送り先は60人にも上ると言われていた。

 送り主の名前はジョゼフ・インマン。

 米国人で、昨年夏にはISU(国際スケート連盟)セミナーの講師も勤めたほどのベテランISUジャッジである。メールには選手の名前こそ書かれてはいなかったが、その発言は欧州選手権で優勝したばかりのロシア代表プルシェンコが、自分とブライアン・ジュベール(フランス)のことについて語ったセリフそのままだった。ふたりのような4回転ジャンパーにとってはトランジションを入れる余裕があまり無いのだ、という意図での素直なコメントに過ぎなかった。自らの弱点を認めたのは、それでも勝てるという自信があったためなのだろう。

 インマン自身はバンクーバー五輪の審判団に含まれておらず、送信先60人ほどの中に、いったい何人の五輪ジャッジが含まれていたのか正確なところは分かっていない。メールを受け取ったことを公に認めた一人、米国ナショナルジャッジの資格を持つジョージ・ルサノは、メール内容を問うた私にこう説明してくれた。

「メールの内容は、報道されている通りだよ。だがインマンの意図は、五輪の結果に影響を与えようというものではなかったと思うね。以前から彼はプルシェンコのトランジションを非難していたから、『ほら、本人も認めた。どうだ、おれが言った通りだろう』という自慢をしたかっただけじゃないかな」

 しかしこの後、インマンのメールの内容は受け取った60人のパソコンの中だけに留まることにはならなかったのだ。

<次ページに続く>

► 【次ページ】  疑惑のメールが世界中に広がり、北米メディアが煽り立てた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • deliciousに追加
その他スポーツ トップへ ナンバーウェブトップへ

フィギュアスケート、氷上の華 バックナンバー

ランニング特集 『Number Do』 第2号発売中! 見つけよう私の健康ノウハウ「カラダStylen for MEN」
言わせろ!ナンバー最新の投稿
高校野球、甲子園大会でのタイブレーク導入に賛成? 反対?
反対

こういった変化は、選手の為であり、観客の為であるなら「是非やっていただきたい」と思うのですが・・・ タイブレーク制は、WB  …すべて読む

i formationさん
2014/07/23 00:00
に投稿
高校野球、甲子園大会でのタイブレーク導入に賛成? 反対?
反対

メジャーでの中四日登板で日本人がつぶされているのに、さらに高校球児をかっさらおうとのメジャーの試みに賛同する高野連にあきれ  …すべて読む

oscs-netさん
2014/07/22 08:40
に投稿
言わせろ!ナンバーについてお題をもっと見る
  • NumberはW杯期間中“週刊誌”になります!
最新号表紙
857
7月17日発売
ブラジルW杯2014 The Final