野ボール横丁BACK NUMBER

沖縄人の『なんくるないさ』が弱点?
新垣渚が断絶すべき“負の歴史”。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2010/02/26 10:30

沖縄人の『なんくるないさ』が弱点? 新垣渚が断絶すべき“負の歴史”。<Number Web> photograph by Miki Fukano

昨年末にチームメイトである杉内俊哉のえりか夫人の実妹・ゆいさんと入籍、心機一転プロ8年目のシーズンを迎える新垣渚。ふたたびローテーション入りを果たし、'06年以来の2桁勝利を挙げられるか?

 ちょっと切なくなるような光景だった。

 ソフトバンクの宮崎キャンプを訪れたときのことだ。

 球場外に、球団グッズのセール品が売られていた。Tシャツもトレーナーもオール1000円。思わずトレーナーの方を衝動買いしかけたのだが、よく見ると、ほとんどが背番号18番なのだ。そう、つまりは新垣渚のものだ。

 理由は2つ考えられる。

 作りすぎてしまった、もしくは、売れ残ってしまった。

 推測だが、ムネリンこと川崎宗則のものならともかく、失礼ながら、新垣の場合は、前者ではないように思える。となると、やはり、後者か……。

 人間心理とは微妙なもので、売れ残っているのだと思うと、急に目の前の商品が色あせて見えてきてしまうものだ。

 ――やめた。

 伸ばしかけた手を、結局、引っ込めてしまった。

3年連続2桁勝利のブライテストホープが「暴投王」に転落。

 それにしても(売れ残ったという前提で話を進めさせていただきます)、ここ数年の新垣はいったいどうしてしまったのだろう。

 入団2年目となる'04年から'06年は3年連続2桁勝利を達成。150kmを軽く超える速球と球界随一とも評されたスライダーなど、リーグを代表する投手になるのも近いと噂されるほどの大物っぷりで、どこから見ても順風満帆な船出に思えた。

 ところが'07年から急にコントロールが乱れ始める。

「暴投王」

 これが新垣につけられたニックネームだった。

 '07年には1シーズン25暴投というプロ野球新記録を樹立し、続く'08年には1試合5暴投という新記録もつくった。

 昨年もその悪癖は改善されず、1軍での登板はわずか4試合にとどまった。

傑出した身体能力を持つ沖縄出身者はなぜ活躍できないのか?

 ちょうど新垣が下降期に入り始めた頃だった。関西球団の某スカウトから、こんな話を聞いたことがあった。

「今はもう、大阪やからとか、四国やからってことはないんじゃないですか。どこも一緒ですよ。東北の子やからって、気が弱いこともないでしょう。これだけボーダレス化が進んどるんやから。ただ、沖縄の子だけは、優しいイメージがあるなあ……。沖縄の子の身体能力は、ほんまにすごいんやけどな。ほれぼれする。新垣なんて、あんなの本州にはおらんやろ。でも、沖縄ということで評価を差っ引かざるをえない。活躍したの、石嶺(和彦=オリックス→阪神)ぐらいやろ。でも、彼だけ性格が違とったわけやないんですよ。彼は沖縄の性格で成功した珍しい例。向こうの言葉でいう、『なんくるないさ(なんとかなるさ)』ってね。何事にもこだわらないというかね」

<次ページに続く>

► 【次ページ】  ロッテ・大嶺祐太にも“沖縄人のジンクス”がつきまとう。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
大嶺翔太
新垣渚
大嶺祐太
福岡ソフトバンクホークス
千葉ロッテマリーンズ

ページトップ