Sports Graphic NumberBACK NUMBER

鹿島アントラーズ 「揺るぎなき常勝戦略」 ~J史上初3連覇のフロント力~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2010/01/14 10:30

鹿島アントラーズ 「揺るぎなき常勝戦略」 ~J史上初3連覇のフロント力~<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

 Jリーグ発足以来、毎年のように優勝争いに絡み、昨季ついに13冠目のタイトルを獲得した。茨城の片田舎にあるクラブが常勝軍団となりえた背景には、“神様”ジーコがもたらしたプロ精神の継承、そしてチームを支えるフロントの驕ることなき緻密な戦略があった。

 2009年、暮れ――。

 イビチャ・オシムはオーストリアに帰るチケットを手に、11カ月ぶりに訪れた日本を離れようとしていた。成田空港のロビーで記者たちに囲まれると、ゆっくりと椅子に腰を下ろしてから語り始めた。老将は話題の中心をJリーグのあるクラブに置いた。

「まさに日本的バルセロナという戦い方だ。チームとしてのまとまり方、積極的なプレー、そして試合を勝利で終わらせるためのあのような知性を、日本代表にも持ってほしい」

 いつもは辛口で知られるオシムには珍しく、礼賛の言葉が並んだ。「カシマ」という単語が弾むように何度も口をついて出た。

 鹿島アントラーズは昨年、Jリーグ史上初の3連覇を成し遂げた。通算7度のリーグ制覇はJクラブのなかで群を抜いている(2位はジュビロ磐田、横浜F・マリノスの3度)。さらに言えば、一度も2ケタの年間順位を記録していないのは、この鹿島だけである。

 鹿島のホームタウン人口は5市合わせて約28万人に過ぎない。浦和レッズの約6割ほどの経営基盤しか持たない茨城県のローカルクラブが、何故これほどまでに安定した力を誇り、成功を収めてきたのか。

 歴代の監督や選手たちの奮闘は大きな要因であろう。だが、それに加えて見逃せないのが、チームを陰で支えてきたフロントの力だ。

 彼らは、クラブ発足時からチームの土台作りに深く関わってきたジーコの思想をベースに、ローカルクラブゆえの危機意識を常に持ちながら、成長を促し続けてきた。その揺るぎなき組織戦略の内幕を探っていきたい。

鹿島のスピリットを象徴する3つの言葉。

 クラブハウスにある選手ロッカーの入り口に、ポルトガル語と日本語で書かれたジーコの教えをつづった額縁が飾られてある。

写真

ジーコが鹿島に根付かせていった「ジーコ・スピリット」は「献身・誠実・尊重」がプロ選手の「魂」であるという教えで、クラブハウスのロッカールームの入り口に掲示されている

〈「献身」「誠実」「尊重」=ESPIRITO〉

 この3カ条が鹿島のスピリット、すなわち「魂」だとジーコは教える。

「ジーコにはホントよく怒られたんだよな」

 チームの編成を担当する強化部長の鈴木満は、鹿島においてジーコと最も密な時間を過ごしてきた男だ。

 '91年、ジーコが鹿島の前身である住友金属に入団した時、鈴木は監督を務めていた。以来、練習への取り組み方やプロとしての心掛けなどについて、毎日欠かさず1時間ほどレクチャー、いや説教を受け続けた。アントラーズに移行した'92年からはコーチに就任したが、傍には必ずジーコがいた。

<次ページへ続く>

► 【次ページ】 負けてとても悔しがるジーコの姿を見て意識が変わった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ジーコ
鹿島アントラーズ

ページトップ