Sports Graphic NumberBACK NUMBER

宮里藍 「“幸せ”に辿り着くまで」 ~米ツアー初優勝の秘密~ 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byFrederic Froger/AFLO

posted2009/09/02 11:30

エビアン・マスターズの優勝トロフィーを手に、大勢のボランティアと喜びをわかちあう

エビアン・マスターズの優勝トロフィーを手に、大勢のボランティアと喜びをわかちあう

待ちに待った大舞台での初勝利、そしてその翌週には全英3位。
彼女は、いかにしてスランプを乗り越え、偉業を達成し得たのか。
復活を読み解くカギは、1年前の初夏に交わした会話にあった。

写真

「一番理想的だと思うのは、ヤワラちゃん(柔道の谷亮子)の人生なんですよ」

 宮里藍の勇姿を眺めながら、彼女の口から聞いたそんな言葉を思い出していた。エビアン・マスターズで米ツアー初優勝を果たし、続く全英女子オープンでもメジャー優勝に迫る大活躍。幾多の試練を乗り越えた足かけ4年を経て、ついに栄光に輝いた宮里は、さまざまな想いが入り混じる笑顔と涙を見せたが、同時にその表情からは柔らかい女っぽさも感じ取れた。

 だからだと思う。あの日の会話が不意に鮮明に思い出された。宮里に大人の女の色香を強く感じ、ドキッとさせられた昨年初夏。今思えば、そんな変化が起こったあのころこそが、宮里の最大の転機だったのだろう。

「女の幸せ」に思いを馳せるゆとりが宮里を変えた。

 昨年初夏といえば、'07年後半にドライバーの深刻な不調に陥った宮里が、やっと試合でも打球をまっすぐ飛ばせるぐらいまで回復し始めていたころだった。だが、まだ危なっかしさが残り、彼女のゴルフは依然「病み上がり」。そんなタイミングなのに焦りや苛立ちを見せず、穏やかな柔らかい微笑を浮かべる宮里が妙に女っぽく感じられ、会話は自然と「女の幸せ」談義へ発展していった。

「30歳ぐらいで子供ができて、2年ぐらい休んで出産して、もう1回、体を作り直して……なんか、ヤワラちゃんって、すごいなあって思っちゃう。まあ、私にちょうどそのころに結婚できる人がいるかどうかはわからないし、だから本当に漠然とだけど、30代前半ぐらいに子供が欲しいなあって思う。子供ができたらゴルフをやめたいって感じではないんですよ、私は……」

 そして話題は米ツアーの他選手たちの「結婚とゴルフ」へ広がっていった。ツアーから引退して結婚生活を謳歌したいと宣言したアニカ・ソレンスタムの話。プロになった当初から「30歳ぐらいになったら引退して結婚して母になる」と決めていたというロレーナ・オチョアの話。宮里は結婚して出産した後もツアーに出続けているジュリー・インクスターやパット・ハーストらの名を挙げながら、

「こっち(米ツアー)の人は、みんなそれぞれが自分の人生を歩んでいて、それがすごくいいなって思うんです」

 日本ツアー12勝の実績を引っ提げて'06年に米ツアーデビューし、「世界の頂点を目指すつもりで、ここへ来た」と言ってのけたその日から、彼女にまつわるストーリーに「女」が登場する余裕はなかった。日本中から早々の初優勝を期待され、自身も「勝ちたい」「勝たなきゃ」と力んでいた日々。

 ギリギリだ――そんな切羽詰まった宮里の心情が、いつもひしひしと伝わってきていた。だから「女談義」なんてものを切り出すムードではなく、彼女自身、余計なことは聞いてくれるなという拒絶的なオーラさえ発していた。いやいや、「女談義」は単なる一例。ゴルフそのものに対する考え方や姿勢には、宮里のギリギリ感が一層強く滲(にじ)み出ていた。

<次ページへ続く>

► 【次ページ】 必死の、ギリギリの努力がスランプを招いた。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ