SCORE CARDBACK NUMBER

ジュニアから世界に挑んだ
宮里美香の可能性。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2009/10/22 06:00

ジュニアから世界に挑んだ宮里美香の可能性。<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

日本女子オープンでは最終日に崩れ、宮里藍の大会最年少優勝記録の更新はならなかった

 例えば、テニスの錦織圭や14歳で単身渡米したゴルフの今田竜二のように、ジュニア世代から「世界」という環境で技量を磨き、成長する選手がいる。

世界ジュニアでの優勝が米女子ツアー参戦の契機に。

 女子ゴルフの宮里美香も、そのひとりである。2004年に日本女子アマチュア選手権のタイトルを獲ったとき、彼女は、まだ14歳の中学生だった。

 その後、高校生以上の代表選手が集う世界アマに特例で出場。諸見里しのぶ、原江里菜らと共に、団体で4位に入った。

 さらに'06年の世界ジュニアでは、当時トップアマと言われていた台湾のヤニー・ツェンに競り勝ち、優勝している。

 世界の強豪アマと互角に戦える自分に気がつき、彼女は「それなら、世界で戦いたい」という気持ちを強くした。

 昨年の秋、日本のプロテストではなく、一気に米女子ツアーのテストに挑んだ背景が、そこにあった。そして今季から米女子ツアーに参戦した。

トッププロ養成所「IMGアカデミー」で腕を磨く。

 また、テニスの錦織が「IMGニック・ボロテリー・テニスアカデミー」に入門したのと同様、フロリダの「IMGアカデミー」で女子ツアー予選会の前に、技量を磨いた。

「今でも、ときどきアカデミーに行って、いろいろチェックしてもらっています」

 今季の米女子ツアー、コーニング・クラシック(5月)で優勝争いをした後、パッティングに悩んでいた時期がある。

「いいストロークができているのに、自分の読みが合っていないので入らないのか、合っていても入らないのか。とても混乱してしまって、最後はフラストレーションがたまって、イライラしている自分しか残っていなかった」

 そのときも「アカデミーのスポーツ心理のコーチに相談しに行ったら、自分自身の心の問題だと、アドバイスを受けた」という。

層の厚い日本の女子ゴルフ界は世界基準だ。

 帰国後の日本女子オープンでは、3日目まで11アンダーと独走した。最終日に6位まで後退したものの、大器の片鱗は、随所に見せていた。

 現在、日本の女子プロ界は、男子以上に、選手層が厚くなっている。特に、ジュニア時代から活躍してきた選手の層は、世界基準といってよい。20歳になったばかりの宮里美香はその典型である。彼女がツアーで初優勝を手にするのは、時間の問題だろう。

■関連コラム► 女子ゴルフ活況の裏に、小学生からの英才教育。 (08/06/26)
► 好調の女子ゴルフ勢、肉体改造が飛躍の鍵だ。 (04/12/02)

関連キーワード
宮里美香
今田竜二
錦織圭

ページトップ