Sports Graphic NumberBACK NUMBER

山本“KID”徳郁「おいしいところはオレがもらう。」 

text by

茂田浩司

茂田浩司Koji Shigeta

PROFILE

posted2004/12/02 00:00

SPECIAL FEATURES

山本“KID”徳郁「おいしいところはオレがもらう。」

茂田浩司=文

text by Koji Shigeta

 「アテネオリンピックの前にやったとしても、話題をそっちに持っていかれるから、イヤだった。だから、アテネが終わった後だなって考えたら年末になった」

 山本“KID”徳郁は、ほんのりと赤く、上気した顔で現れた。試合まで2カ月を切った時期の二日酔いをKIDはこう“弁解”した。

 「朝まで飲んでました。本格的な練習に入る前に友達を集めて『これが最後』っていつも盛り上がるんですよ」

 じゃあ、これから大晦日の試合が終わるまでは一滴も飲まない?

 「飲まない。いや、一滴もっていうわけじゃないけど、へへへ」

 大一番が近づいても自分のペースは決して崩さない。「KIDとは実力が違う」という魔裟斗の言葉に全く動じない。

 「魔裟斗君はセンスのないことばっかり言ってる。相手のことを言うなら考えて言わなきゃいけないのに、何も考えてない。あの言い方は自分を落としてるだけだから」

 KIDのパンチは当たらない、一切触らせないと魔裟斗は言っているが……。

 「それなら、オレはオープンフィンガーグローブでもいいんじゃない。触れないなら素手だっていいはずなんだし。それにKIDはまだK-1で本物とやってない、とか言ってるけど、じゃあ、魔裟斗君も本物とやってなかったんだね。モンゴルのヤツ(ナラントンガラグ)とか村浜(武洋)とか、お前が苦戦した相手をオレはKOしたんだよ、って」

 ムキになる魔裟斗を笑いながらも、冷静に分析していた。

 「彼の気持ち、オレはよく分かる。相当追い詰められてるし、『ヤバイ』と絶対思ってる。だって、本当にオレのことが眼中になかったら、オレが何を言っても『ハイハイ、やりましょう』って流すでしょう」

 魔裟斗対KIDを提案したのは他でもない、KID本人だ。7月の世界大会を前に魔裟斗が「3連覇して引退する」と「引退」の2文字を口にしたことがきっかけだった。

 「力を比べてみたいから引退する前にオレとやってほしいと思って。総合じゃ絶対にオレとはやらないから、K-1ルールでいい」

 とはいえ、K-1ルールでの試合経験も技術も魔裟斗とKIDではその差は歴然。本人もそれは認めるところだ。

 「魔裟斗君は強い。平均的に全部強い。でも、クセがない。切り札がない。だから『これでぶっ倒す』って覚悟もない」

(以下、Number616号へ)

関連キーワード
山本"KID"徳郁

ページトップ