SCORE CARDBACK NUMBER

ノリックらしい決断でWSBへの転身を決意。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2005/02/03 00:00

ノリックらしい決断でWSBへの転身を決意。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 ノリックこと阿部典史のキャリアは、レース界の常識を次々に打ち破るものだった。ワークスライダーになり、いろいろな経験を積み、ある程度年齢を重ねて初めて、周囲が最高峰クラスのマシンに跨ることを認める。そんな時代に17歳で彗星の如く全日本最高峰クラスにデビューし、史上最年少18歳でチャンピオン獲得。翌年にはWGPデビューを遂げ、フル参戦2年目の日本GPでは、F・スペンサーの記録にわずか1カ月及ばずも、史上2番目20歳7カ月で最高峰クラスの優勝を飾った。

 そのノリックが、ついにMotoGP制覇の夢を果たせないまま、スーパーバイク世界選手権(WSB)へ戦いの場を移すことになった。昨年はMotoGPクラスで13位と低迷。世界の頂点だけを追い求めてきたノリックにとって、一時は引退も考える苦しい終盤戦となった。ホンダからヤマハに移籍したばかりのV・ロッシが、同じマシンであっさりとチャンピオンになっているだけに、今季の構想から外れるという厳しい評価も当然のことだった。しかし、「自分で考えていたより、まだ自分を必要としてくれる場所があった」と、現役続行とWSBへの参戦を決めた。

 そのニューチャレンジに向け、ノリックは去年の暮れから今年にかけて、ツインリンクもてぎでスポーツ走行を行った。ヤマハのスーパーバイクマシン「YZF―R1」を購入、レースで使用する実戦車に近い状態に仕上げた。しかし、17回(優勝3回)表彰台に立ち、いまもヤマハ契約の選手が、一般のスポーツ走行に混ざって走っているのは、実に不思議な光景だった。こんなワークスライダーは今まで見たことがない。「チームに合流して本格的なテストが始まるまで、スーパーバイクに慣れようと思った。最初は、オヤジ(オートレーサーの阿部光雄)に手伝ってもらい練習しようと思っていたら、ヤマハのスタッフや、タイヤメーカーの人も来てくれた。テストというより練習ですが、この走行で、初めて参加するスーパーバイクへの不安もずいぶん解消されました」と笑みを浮かべた。

 これがノリックの天衣無縫と呼ばれる所以。ひたむきなまでのレースへの姿勢が、こうして多くの人を動かすのかも知れない。今年30歳。彼の新しいチャレンジは、実に“ノリックらしく”スタートを切ったようだ。

ページトップ