SCORE CARDBACK NUMBER

開幕戦を後味悪くした、
王者ロッシの愚行。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

posted2005/04/28 00:00

 開幕戦スペインGPで、V・ロッシとS・ジベルノーが、素晴らしいレースを繰り広げた。スタートから続いた一騎打ちは、両者が限界に挑むハイレベルなものだった。

 最終ラップ、二人は3回ポジションを入れ替えて最終コーナーに差し掛かる。先行するジベルノーは、すでにコーナーへ向けてアプローチを開始していた。ここでロッシはブレーキングで最後の勝負に出るが、止まり切れずに接触。ロッシがジベルノーを弾き出す格好で決着がついた。優勝したのはロッシ。グラベルからコースに復帰したジベルノーは2位になった。

 ここまでは、宿命のライバルにつきものの因縁対決の結果で済ますことができた。しかし、その接触の後にロッシが取った言動は、なんともスポーツマンシップに欠けるものだった。これみよがしにウィリーでフィニッシュラインを駆け抜け、ウィニングサークルで怒りを露わにするジベルノーに対峙しても、謝罪の言葉もない。挙句の果てに会見で「セテは怒っているかもしれないが、これがレースだ」と言い放つ始末。このコメントに多くの者が言葉を失った。

 ロッシの走りは、危険行為と言われても仕方がないギリギリのものだった。その一方で、最後の勝負どころで接触も仕方がないという見方もある。いずれにしても、こういうケースでは相手に謝罪の言葉をかけるのが普通であり、ロッシのふてぶてしい態度は、それまでの素晴らしいレースを台無しにするものだった。

 その思いは観客にも伝わった。この日ロッシは、おそらく生涯で初めて、表彰台の頂点で観客のブーイングに晒された。一方のジベルノーは、殴りかかってもいい状況の中で「何もいうことはない。自分たちが正しいと思うレースをこれからも続けるだけだ」と、怒りに震えながらも冷静なコメントを残した。

 この優勝でロッシは、5年連続開幕戦勝利という記録を打ち立てた。彼を史上最高のチャンピオンとする声は多い。しかし、尊敬できるかどうかは別の問題である。因縁の対決を繰り広げるジベルノーに対し、「これがレースだ」と言い放ったその代償は決して小さくはない。優勝と引き換えに失ったものに気付くのは、これからなのかもしれない。

■関連コラム► ロッシ独走の陰で着々と進む世代交代。 (05/07/21)
► 勝ち方を知り尽くしたロッシの潔い“負け方”。 (04/09/09)

関連キーワード
バレンティーノ・ロッシ
MotoGP

ページトップ