オリンピックへの道BACK NUMBER

五輪候補がひしめく柔道女子48kg級。
福見、浅見を山岸絵美が猛追する!! 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2011/04/13 10:30

五輪候補がひしめく柔道女子48kg級。福見、浅見を山岸絵美が猛追する!!<Number Web> photograph by Shino Seki

谷(亮子)選手を追っていたときとの心境の差を、「焦りというのは無く、無かったからこそ、逆にマイペースにできました」と語った山岸絵美

 スポーツでは、好敵手、ライバルの存在の大きさがしばしば語られる。

 4月2、3日に行なわれた柔道の全日本選抜体重別選手権もまた、それを実感させた大会であった。

 今年8月にパリで行なわれる世界選手権代表選考を兼ねた今大会は、いつもとは異なる趣の中で行なわれた。

 4月5~7日にアジア選手権があり、そちらに出場する日本代表選手は欠場したためだ。アジア選手権の代表の中には、66kg級の森下純平、52kg級の西田優香、63kg級の上野順恵ら、昨年の世界選手権優勝者が含まれていた。

 彼らは実質的に世界選手権代表に内定した上で、選抜体重別を欠場し、アジア選手権に出場した。これらの階級は、残り1枠をかけての戦いとなった。

 一方で、有力選手がそろって選抜体重別に出場したのが、女子の48kg級だった。

 世界ランク1位に福見友子(25)、2位に浅見八瑠奈(23)、5位に山岸絵美(24)。他にも近藤香(22)、伊部尚子(23)ら力のある選手がひしめく階級である。

 絶対的存在はいない。

 だからこそ、有力選手が欠場した他の階級のように、誰か一人に内定を出して、アジア選手権にまわすわけにはいかなかった。

世界ランク5位の山岸には五輪への希望を繋ぐ優勝となった。

 その48kg級を制したのは、山岸だった。

 1回戦で一本勝ちすると、準決勝の福見、決勝の浅見との試合は延長にもつれ込む熾烈な戦いの末、ともに旗判定(2-1)で勝利し、この大会、3年ぶりの優勝を飾った。

 試合直後、山岸は言った。

「気持ちで負けたくなかったです。この大会で負けたら先は見えなかったと思っていました」

 '09年の世界選手権で優勝し、その翌年にも準優勝している福見。'10年の世界選手権で優勝を飾っている浅見。山岸がそのふたりに対し、実績で遅れを取っているという感は否めない。

【次ページ】 国際大会での実績で総合的に判断するという五輪代表。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
山岸絵美
福見友子
浅見八瑠奈
全日本選抜体重別選手権
ロンドン五輪
オリンピック
柔道

ページトップ