SCORE CARDBACK NUMBER

裁決委員の制裁には、
明確な基準を設けるべき。
~競馬界で相次ぐ不思議な“事件”~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYoko Kunihiro

posted2011/02/13 08:00

裁決委員の制裁には、明確な基準を設けるべき。~競馬界で相次ぐ不思議な“事件”~<Number Web> photograph by Yoko Kunihiro

6位で入線するも13着に降着。武豊の2年6カ月ぶりの騎乗停止処分は6日までとなった

 1月23日の京都競馬第6レース(3歳500万下、ダート1400m)で、武豊騎手が降着処分になった。一般ファンにも公開されたパトロールビデオを見ると、13頭立ての11番枠から好スタートを切った武豊騎乗のナムラドリーミーが、直後に内側に寄りながらのダッシュをかけたことで3頭の馬に影響を与えたことがわかる。特にエンジェルロードについては競走を著しく妨害されたと裁決委員が判断し、実効4日間という厳しい制裁が科せられた。

 この裁決結果に対して、騎手や調教師から多くの異議が噴出した。つまり、スタート直後に馬がまっすぐ走らない理由のほとんどは馬自身の癖によるもので、今回のケースもまさにそう見えるからだ。しかも武豊騎手は手綱を懸命に操作してまっすぐに立て直そうとしている。それはプロ同士なら当然よくわかるので、被害馬に騎乗していた吉田稔騎手も「あれは僕の馬のハミの取り方が悪くなって、操作していたタイミングと重なってしまったんです」と、影響は大きくなかったことを懸命に訴えていたと聞く。

 その言い分も理解できるが、実際に大きくブレーキをかけた馬が存在していたのも事実だ。公平に見て、裁決委員が降着そして騎乗停止としたことがミスジャッジだったとは言えない。しかしこれまで「馬の癖によるもの」として停止期間を1日だけとした多くのケースとの違いはなんだったのか。基準をはっきりしてくれ、という声には同意だ。

斜行よりもずっと深い問題を抱えている出走取り消し事件。

 この週は不思議な制裁がもうひとつあった。須貝尚介調教師に対して「出馬投票について注意義務を怠り、出走取り消しになったことについて」として10万円の過怠金が科せられていたのだ。

 半年以上の間隔が空いた馬は出馬投票前に「出走診断」を受ける義務がある。件の馬がそれで、獣医師は「屈腱炎である」として許可を出さなかった。それなのに投票が受け付けられてしまうシステムがどうなのかとも思うわけだが、出馬表完成後に診療所からチェックが入って、当然の出走取り消し。そうなるのは火を見るよりも明らかなのに投票を強行した調教師の意図はなんだったのか。騎手の斜行よりずっと深い問題を抱えている件を罰金だけで済ましてしまうのは、どう考えてもバランスが悪くないか。

■関連コラム► 検量違反で垣間見えた、“弱腰外交”と馬の力量。~エリザベス女王杯に残る謎~
► 騎手への「加重制裁」は、すべてに公平な裁決か?~初の適用は三浦皇成と松岡正海~

関連キーワード
武豊

ページトップ