SCORE CARDBACK NUMBER

主役の決まった牝馬路線、
牡馬のヒーローは?
~クラシック戦線を展望する~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2011/03/13 08:00

主役の決まった牝馬路線、牡馬のヒーローは?~クラシック戦線を展望する~<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

 寒さのせいでいまひとつ実感がわかないが、競馬のスケジュールは春に向かって待ったなしに進行中。気づけば、クラシック第1弾の桜花賞(4月10日、阪神芝1600m)まで1カ月、翌週には皐月賞(4月17日、中山芝2000m)が待ち構えている。有力馬を抱える関係者にしてみれば、すでに秒読みの声に急かされている気分に違いない。

 牝馬路線にはレーヴディソール(牝3歳、栗東・松田博資厩舎)という揺るぎない中心馬が存在していて、かつてないほどの平穏ムードを作り出している。デビューから、新馬、デイリー杯2歳S、阪神ジュベナイルフィリーズと3連勝。その内容が他馬を子供扱いする、豪快な差し切り勝ちの連続なのだ。スタートが遅いという唯一の欠点は見えるものの、松田博調教師はそこをあえて矯正しようともしない。型にはめずに、持てる才能を存分に伸ばそうという方針なのだろう。

中心馬不在の牡馬戦線は未曾有の混戦状態。

 現役最強のブエナビスタ(牝5歳)も松田博調教師の管理馬だが、あの馬が桜花賞に向かうときでさえ、今回のような余裕のコメントは出ていなかったと記憶する。なにしろ、「また後ろからの競馬になるだろうけど、現段階ではこれで十分。普通に走ってくれば結果は自ずとついてくると思うよ」と言ってはばからないのだ。

 ライバルたちもレーヴディソールの強さには及び腰。桜花賞にはチューリップ賞、アネモネS、フィリーズレビューの三つのトライアルが用意されているが、レーヴがチューリップ賞を走ることがわかると、多くの馬たちが他のレースを選択。本番の前に厭戦感をあおる馬など、そうはいるものではない。

 対照的に牡馬の戦いにはまだ中心馬の輪郭さえも見えてきてはいない。2歳チャンピオンのグランプリボス(栗東・矢作芳人厩舎)は自他共に認めるマイラーで、クラシック・ディスタンスにおいては弱みを見せてしまいそうなのがレーヴディソールとは違うところなのだ。

 才能あふれる素材はほかにも何頭も目につき、レベルについては疑問符のつく世代では決してないのだが、この時期にきても重賞を2勝以上した馬がいない事実だけを取り上げても、未曾有の混戦状態とわかる。弥生賞、若葉S、スプリングSと続く三つのトライアルが終わっても、群雄割拠の様相は変わらないはずだ。

■関連リンク► 裁決委員の制裁には、明確な基準を設けるべき。~競馬界で相次ぐ不思議な“事件”~
► 日本競馬、外国人ジョッキーの方が優秀か? (言わせろ!ナンバー 結果レポート)

関連キーワード
レーヴディソール

ページトップ