野球クロスロードBACK NUMBER

引退後の就活が心配でしょうがない!?
不況下におけるプロ野球選手の不安。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byTakuya Ishikawa

posted2011/02/01 10:31

引退後の就活が心配でしょうがない!?不況下におけるプロ野球選手の不安。<Number Web> photograph by Takuya Ishikawa

現役引退後、小学校高学年用の漢字ドリルから勉強し直し、大学に入り直した大越基。日本学生野球協会の認可を得て早鞆高校の野球部監督になったのは、引退から6年目の夏であった

 一般社会の若者同様、プロ野球選手も「将来が不安」。

 先日、日本野球機構(NPB)が「引退後に関する意識調査」の結果を発表した。アンケートは昨秋、宮崎のフェニックスリーグに出場した約250名の若手プロ選手を対象に実施。実に7割を超える選手が、「引退後の生活に不安を感じている」と回答した。

 '05年のドラフトから導入された育成枠制度により、プロ入りの門戸は広がり、多くの若手にチャンスが与えられるようになった。その反面、2~3年でクビになるケースも増えてきている。

 このアンケートでは、セカンドキャリアとして希望する職業で最も多かったのが、「高校野球の指導者」だった。

 だが、理想だけでなれるものではない。

あまりに困難な「高校野球の指導者」への道。

 早鞆高校(山口)で監督を務める元ダイエーの大越基氏(写真)は、引退後、貯金のほとんどを学費や教員免許を取得するまでの生活費に充てるなど苦労を重ねた。

 '09年に西武を戦力外になった三浦貴氏も、現在は高校野球の監督を目指し大学の夜間に通っているが、昼間は一般企業で働いているため休む暇などないという。

 何より、高校野球指導者になるためには大半の野球選手が苦手としているであろう勉強に励まなければならないし、その期間の生活苦は先の2人のエピソードが物語る通りである。

 一般企業への就職を希望している選手も多いそうだが、これにしても安易にとらえると痛い目に合う。

 '00年代初めに巨人でローテーションを務めていたある選手は、引退後、野球界に残ることが無理だと悟り、一般企業への就職に切り替え何社か面接を受けた。そこで言われたのは金銭面でのことだった。彼は現役時代、最高で年間1億円近く稼いだ経験もあった。

「うちは年に3、400万円しか払えないけど、と言われたんです。自分も早く職に就きたいから『いくらでも構いません』と答えたんですが……。結局、それが断り文句だったんでしょうね。企業側として自分に社会人としての経験がないことを知っていますから、やっぱり採りづらかったんでしょう」

 その後、彼は幸運にも在京球団の職員として再スタートを切ることができたが、本人は「運がよかっただけです」と言う。

【次ページ】 野球との縁を切って社会人として自立を目指した人も。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ

ページトップ