Overseas ReportBACK NUMBER

「日本の綺麗なロッカー」騒動とは。
ツイート削除、解任、そして気高さ。

posted2018/07/15 08:00

 
「日本の綺麗なロッカー」騒動とは。ツイート削除、解任、そして気高さ。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

世界中で話題になったプリシラさんのツイート。現在は削除されている。

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 1人の女性のツイートが日本、そして世界のサッカーファンの心を掴んだ。

 そのツイートには、日本代表が使用したロッカールームの写真が添えられていた。

「これは94分でベルギーに負けた日本のロッカールームです。スタジアムでは代表のサポーターに感謝し、ベンチやロッカールームをきれいにし、そしてメディア対応をしました。またロシア語(キリル文字)で『ありがとう』と書かれたメモまで残していきました。すべてのチームの模範だと思います」

 そのツイートの主は、オランダ人のプリシラ・ヤンセンスさん。FIFA(国際サッカー連盟)の運営スタッフとして今大会に関わってきた。

 オーバータイムで逆転された日本代表が、怒りや悔しさでいっぱいだったことは容易に想像できる。しかしまるで使用前のように清掃、整頓し、メモまで残した姿に感動したのだろう。

「日本にはClassがある」

 このツイートは瞬く間に広まり、日本人はもちろん世界中のメディアや多くの人々が反応した。

「日本はClass(品格)がある」

「素晴らしいマナーだ。いつか日本に行ってみたい」

「子供にスポーツを教えているコーチは、こういうことも教えるべきだね」

 こういった言葉がSNS上に並んだ。

 選手が清掃したと伝えた海外メディアもあったが、実際に片付け、メモを置いたのは代表スタッフだった。しかし日本代表として戦っていたスタッフも選手と同じような悔しさがあったことはまちがいない。そういった気持ちをかみしめながら、会場のスタッフやボランティアへの感謝をメモに残す気遣いはなかなかできることではない。

【次ページ】 スポーツのロッカーが散乱しているのは普通のこと。

1 2 3 NEXT
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ