Number ExBACK NUMBER

Numberプロレス総選挙で連覇達成。
内藤哲也が“現役最高レスラー”だ!

posted2018/07/10 07:00

 
Numberプロレス総選挙で連覇達成。内藤哲也が“現役最高レスラー”だ!<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

左が最新号の表紙、右が昨年の表紙。数万人に及ぶファンの声が決めた、2年連続での「現役最高のレスラー」である。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 4月11日から5月29日までの約1カ月半の間、「現役最高のレスラー」は誰かを巡って、投票を受け付けた「Numberプロレス総選挙2018」。

 5月17日に発表した最終中間速報で、それまで首位を独走していた内藤哲也選手を抜いて、棚橋弘至選手が1位に立つと、2人のデッドヒートが加速し、昨年の投票者数(3万5484人)を大幅に上回る6万7047人による票が集まった。

 そして、集計の結果、第1位に輝いたのは内藤哲也(新日本プロレス)だった。

 内藤は、昨年の選挙に引き続き連覇達成。6月9日大阪城ホール大会(DOMINION)でクリス・ジェリコに敗れ、IWGPインターコンチネンタル王座のベルトを失うも、存在感は変わっていない。

「ヘビー級の価値を内藤哲也は超えている」と本人がよく言っているように、ファンからの高い評価を証明する結果となった。

 投票に際して、ファンの方々に投票理由も記載してもらったので、その一部をここで紹介しよう。

「試合の勝敗やベルトに関係なく、本当に輝いている」

「今年も内藤哲也が完全に引っ張っている。説得力のあるコメントと行動は、未だに衰えがありません。ベルトがないにもかかわらず、この認知度は敬服します! これは、nWoやTEAM2000時代の蝶野正洋さんとダブります」(愛知県40代男性)

「全てがカッコよく、面白い。試合の勝敗やベルトに関係なく、本当に輝いている選手だと思う」(千葉県40代女性)

 ベルトとは違った、発言力やパフォーマンス能力を評価する声が多数あった。

【次ページ】 「nWoの時代を超えられる存在がロスインゴ」

1 2 3 NEXT
内藤哲也
棚橋弘至
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

ページトップ