ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

31歳メッシのW杯がついに終了……。
19歳のフランス代表ムバッペが引導を。

posted2018/07/01 13:45

 
31歳メッシのW杯がついに終了……。19歳のフランス代表ムバッペが引導を。<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

アルゼンチンのホルヘ・サンパオリ監督は試合後「メッシを十分に生かせなかった」と釈明した。

text by

原山裕平

原山裕平Yuhei Harayama

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto/JMPA

 試合終了のホイッスルが鳴り響くと、リオネル・メッシは一点を見つめたまま、呆然と立ち尽くした。

 空虚なその表情から感情を窺い知ることはできないが、憔悴した英雄の姿は、ひとつの時代の終焉を象徴しているかのようだった。

 優勝候補のひとつに挙げられながら、今大会のアルゼンチンの戦いぶりは決して強者のそれではなかった。

 初戦で初出場国のアイスランドに引き分けると、続くクロアチアには0-3と完敗。この時点でアルゼンチンのワールドカップは終わったかに思われた。

 しかし、後のない状況で迎えた第3戦で、チームを救ったのはやはりメッシだった。

 グループリーグ最終戦での14分、バネガのフィードに抜け出すと、巧みなトラップから右足を一閃。

 エースのこのゴールで勢いに乗ったアルゼンチンは、終了間際のロホの一撃で粘るナイジェリアを振り切り、決勝トーナメントへと駒を進めた。

主力を温存できたフランスの優位。

 ラウンド16の相手フランスは、グループリーグを危なげなく通過していた。

 ポグバの活躍で初戦のオーストラリア戦に勝利すると、第2戦では新星ムバッペが躍動し、ペルーを撃破。2連勝で早々に突破を決めると、第3戦では主力を温存し、決勝トーナメントの戦いに万全を期すことができていた。

 ぎりぎりで這い上がってきたアルゼンチンと、理想的な勝ち上がりを実現したフランス。流れを考えれば、フランス優位が予想された。

【次ページ】 たとえ“戦術メッシ”と言われようと。

1 2 3 4 NEXT
リオネル・メッシ
キリアン・ムバッペ
エンゴロ・カンテ
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ