福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

福西崇史「乾、大迫と岡崎が光った」
セネガル戦で見えた攻撃の新要素。

posted2018/06/25 17:00

 
福西崇史「乾、大迫と岡崎が光った」セネガル戦で見えた攻撃の新要素。<Number Web> photograph by Toshiyuki Takigawa/JMPA

1ゴール1アシストの乾貴士、岡崎慎司に本田圭佑、そして大迫勇也……。攻撃陣にバリエーションが出たのは大きな収穫だ。

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph by

Toshiyuki Takigawa/JMPA

 セネガル戦、価値あるドローでしたが、内容的にはむしろ勝利をもぎとれたのでは、と思うほどのいい内容でした。

 常に先行される展開ながら2度追いついたのは、チームがたくましさを増した証拠だし、選手たちの中には“次の試合もやれる”という手ごたえがあるはず。前向きにとらえていいと思います。

 この試合、日本もセネガルも初戦で勝利して勢いがある中で、セネガルのシセ監督は入念に日本の対策を練ってきました。

 それはセネガルのフォーメーションに現れています。ポーランド戦では4-4-2のシステムで臨んできましたが、この日は4-3-3に変更してきた。狙いとしてはマネ、サール、ニアングの3トップが前線からプレスをかけることで、日本のビルドアップに制限をかけること。そして中盤はアルフレド・ヌディアイェをアンカーに入れて、ボールを受ける香川の動きを監視しようとしました。

大迫も、乾も頼もしい!

 日本はミスから先制点を許す展開となり、セネガルの狙いにハマってもおかしくありませんでした。それでも相手がスペースを消してくる中で、香川や大迫が巧みにボールキープしたり、前を向くターンを見せた。ここでボールロストせずにつなぐ時間が作れたことが、セネガルには徐々に脅威となったと感じます。

 特に大迫はコロンビア戦で巧みなポストプレーを見せつつ決勝ゴールを挙げたのに続いて、セネガル戦も前線の収め所として再び機能してくれました。190cmを優に超える相手マーカーを背負ってもあれだけのプレーを見せられるのは、本当に頼もしいです。

 大迫の存在がものすごく重要であることを大前提として、セネガル戦で光った選手を挙げるとするならやはり、乾でしょう。彼らしいテクニックと落ち着きによって、1ゴール1アシスト。そして香川や大迫、長友ら周辺の選手との連係が優れていました。

【次ページ】 状況に応じたポジショニングが巧み。

1 2 3 NEXT
福西崇史
乾貴士
岡崎慎司
大迫勇也
ワールドカップ
ロシアW杯

ページトップ