Number PLAYBACKBACK NUMBER

クローゼが語るレバンドフスキの技。
「すべての能力を持つストライカー」

posted2018/06/18 08:00

 
クローゼが語るレバンドフスキの技。「すべての能力を持つストライカー」<Number Web> photograph by Getty Images

ダイレクトプレー、裏への抜け出し、ミドルシュート……。点取り屋としての能力をすべて兼ね備えたのがレバンドフスキだ。

text by

アレクシス・メヌーゲ

アレクシス・メヌーゲAlexis Menuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

4回のW杯で活躍し優勝も得点王も手に入れた。
引退した今、指導者の眼力を養っている彼が、
かつての自分の特徴と比較しながら、
当代最高のセンターフォワードを分析する。
Number946号(2018年2月15日発売)の特集を全文掲載します!

 サッカー界には4年ごとに活躍する「W杯男」がいる。2016年に現役を引退した元ドイツ代表のミロスラフ・クローゼもそのひとりだ。

 初出場となった'02年日韓大会では5得点で準優勝に貢献。'06年ドイツ大会では得点王に輝き、'10年南アフリカ大会では2大会連続の3位に貢献した。

 そして'14年ブラジル大会では、ロナウドを抜いてW杯通算得点の新記録を樹立(16点)。念願のW杯優勝も手にした。

 このレジェンドが、世界最高のストライカーとしてあげるのがポーランド代表のロベルト・レバンドフスキだ。2人は共通点が多い。ともにポーランド生まれで(クローゼはのちにドイツ国籍を選択)、バイエルンの先輩・後輩でもある。ひとつ大きく違うのは、ロシア大会がレバンドフスキにとって初のW杯になるということだ。

トリッキーなレビーの動きはやりづらい。

 なぜレバンドフスキは世界最高のストライカーなのか。ミュンヘン在住のクローゼに解説してもらった。

「レバンドフスキというストライカーを一言で表すなら、『すべての能力を持っている』という言葉がふさわしいだろう。左右の足で強烈なシュートを放つことができ、ヘディングも得意にしている。浮き球の処理もうまい。FKのキッカーとしてもバイエルンでトップクラスだ。

 注目すべきは、ボールがないときのプレーも優れていることだ。細かいステップからダイナミックな裏への走り込みまで、信じられないくらいに動き続けている。1カ所に留まることなく、相手のDFラインとMFラインの間を行き来している。

 その動きの質を支えているのが優れた予測能力だ。彼は相手の考えを読むのがすごくうまい。DFは警戒していても、考えを読まれて逆を取られてしまう。

 さらにDFをやりづらくさせているのが、レビーの動きがトリッキーなことだ。自分は相手を読みつつ、相手には自分を読ませないようにする。パスが来る前に、長い腕など体全体を使ってフェイントを仕掛け、DFを騙そうとする。どちらの方向に動き出すかわかりづらい。

 よく動くうえに、インテリジェンスがあり、トリッキー。どんなDFでも一緒に練習したら、味方で良かったと思うだろう」

【次ページ】 「ザ・ボディ」のあだ名も理解できる。

1 2 3 4 NEXT
ミロスラフ・クローゼ
ロベルト・レバンドフスキ
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ