スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

レアルがCL3連覇逃せば屈辱の1年。
ネイマール獲得の噂にベイルの意地。

posted2018/05/24 11:30

 
レアルがCL3連覇逃せば屈辱の1年。ネイマール獲得の噂にベイルの意地。<Number Web> photograph by Getty Images

ジダン監督体制2年目はクラブW杯を制している。とはいえレアル・マドリーはCL3連覇を逃すと逆風の吹くオフとなりそうだ。

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph by

Getty Images

 素晴らしい内容だった前半に2ゴールを先行しながら、失速した後半に2失点して勝利を逃す。

 ビジャレアルと2-2で引き分けたリーガ・エスパニョーラの最終節は、不安定な戦いを繰り返してきた今季のレアル・マドリーを象徴する一戦となった。

 最終順位は、2013-14シーズン以来の3位(2位はアトレティコ・マドリー)。優勝したバルセロナには勝点17差をつけられた。22勝10分6敗で勝点76は過去10年、94得点44失点は過去8年で最低の数字だ。

 さらに、国王杯では格下のレガネスにホームで敗戦し、準々決勝で姿を消している。これは通常ならば、即刻監督解任につながる大失態である。

 それでもジネディーヌ・ジダンがここまで指揮を執り続けてきたのは、チャンピオンズリーグ3連覇の可能性をつないできたからに他ならない。

ユーベ、バイエルン戦では命拾い。

 とはいえ、その道のりも順調と言えるものではなかった。

 グループリーグはトッテナムに1分1敗と及ばず、2位で通過した。決勝トーナメント1回戦ではパリ・サンジェルマンに連勝して復調を印象付けたが、その後は紙一重の勝ち上がりが続いた。

 ユベントスとの準々決勝ではホームで迎えた第2レグで3失点して、敵地で得た3点のアドバンテージを台無しにした。ブッフォン退場の悲劇をもたらした終了間際のPKは、UEFAによる“陰謀論”まで飛び出す疑惑の判定。そのPKをクリスティアーノ・ロナウドが押し込み、なんとか延長戦を免れた格好だ。

 バイエルンとの準決勝もラフィーニャとウルライヒの信じ難いミスによって2ゴールをプレゼントされていなければ、結果は全く違ったものになっていた可能性があった。

【次ページ】 3冠すべて逃せば失敗のシーズンに。

1 2 3 4 NEXT
ガレス・ベイル
レアル・マドリー
ネイマール
ジネディーヌ・ジダン
クリスティアーノ・ロナウド

ページトップ