オリンピックPRESSBACK NUMBER

リオ銀リレー4人組は楽しくて強い。
ガトリン擁する米国相手でも余裕が。

posted2018/05/23 10:30

 
リオ銀リレー4人組は楽しくて強い。ガトリン擁する米国相手でも余裕が。<Number Web> photograph by AFLO

100mでもさらなる記録更新を期待されるケンブリッジ飛鳥と桐生祥秀。リレーにも相乗効果が起きるはずだ。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

AFLO

「楽しいですね。一緒に走るのがすごく楽しいです」

 ケンブリッジ飛鳥は、満面の笑みを浮かべて、そう言った。

 20日に行われたセイコーゴールデングランプリ大阪でのこと。4×100mリレーで山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジのチームは、37秒85という好記録でブッチギリの1位で勝利した。この4人組では1年9カ月ぶりとなるレースだったが、中国、アメリカを抑え、日本Bチームとワンツーフィニッシュを見せた。 

 ケンブリッジの言葉は、日本チームの最大の強みだ。山縣も飯塚も桐生も「リレーは楽しい」と話している。

 そこには単純に4人で走る楽しさがあるだろう。また山縣が「4人だと気持ちの負担も軽い」と言うように、プレッシャーを分け合って走れることも理由の1つかもしれない。

 さらに、彼らにはリオ五輪で銀メダルを獲得した経験がある。そのプライドを持ちつつ、お互いを信頼し合える同志である。この4人はこれまでも互角以上に戦い、メダルを取った実績がある。だからこそ、リレーが楽しいのだろう。

4人は万全というわけではなかった。

 この日は山縣とケンブリッジ、桐生が男子100mに出走し、飯塚は男子200mに出場していたため、全員がベストコンディションというわけではなかった。

 100mでの桐生は「60mまでうまいこと走れば」というレベルで、後半の走りは練習で手つかずだった。「ギアを3から5にするのではなく、3から4を経て5に入れてトップスピードを上げる」をテーマにして走り、10秒17で4位。

 一方、ケンブリッジは「苦手なスタートを意識して練習し、直前に後半のスパートを意識して練習してきた」と話していたが、スタートが遅れて、10秒19の5位に終わった。また飯塚も「もう一つ」という状態で、20秒75で8位に終わっている。

 練習の成果をタイムに反映させ、調子の良さをアピールしたのは山縣だけだった。「10秒2ぐらいの感覚が10秒1になっていたので、自分の感覚が思ったよりも上がっている」と実感した通り、10秒13の2位だった。

【次ページ】 リレー準備中は談笑するほどの雰囲気。

1 2 3 NEXT
ケンブリッジ飛鳥
桐生祥秀
飯塚翔太
山縣亮太
ジャスティン・ガトリン
東京五輪
オリンピック

ページトップ