ファイターズ広報、記す。BACK NUMBER

敗戦後の空港ロビーで見た幸せな光景。
主将・中田翔が起こす化学反応とは?

posted2018/05/11 10:30

 
敗戦後の空港ロビーで見た幸せな光景。主将・中田翔が起こす化学反応とは?<Number Web> photograph by Kyodo News

主将として4番を任されている中田は本塁打を量産。5月9日のオリックス戦(京セラドーム)では通算1000本安打を達成した。

text by

高山通史

高山通史Michifumi Takayama

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 すがすがしく、誇らしいシーンに遭遇した。

 後輩も含めてチームメートからのニックネームは「大将」である。そう呼ばれる1人の選手の行動に目を奪われた。

 ゴールデンウイークの序盤、4月30日の夜だった。

 その日は北海道日本ハムファイターズは、敵地のZOZOマリンスタジアムで千葉ロッテマリーンズと対戦。2-4で敗れ、連敗を喫して3連戦を1勝2敗で負け越した。その足で、羽田空港へとバス移動。5月2日からの東北楽天ゴールデンイーグルス戦が控える本拠地の北海道へと戻るため、出発ロビーで搭乗を待っていた。

 選手たちは徒労感と闘い、重苦しい空気が漂っていた。搭乗アナウンスまで、45分ほど待ち時間があった。

 ふと目をやると、選手の一団の辺りに小さな人だかりができていた。その中心に、中田翔選手がいた。北海道へと向かう便だったため、その日の試合を観戦したと思われるファイターズのユニホームを着用したファンの方々、また居合わせた一般客とおぼしき人たちが、ざわざわとしている。

 入れ替わり立ち替わり、中田選手の元へと向かう。スマートフォンを差し出し、写真撮影のお願いをしていたのだ。

写真のリクエストに応え続けた中田。

 広報である私の職務としては、選手に負担、また周囲に迷惑が掛かる状況であれば「ここでは応じることはできません。ご理解ください」などと、その場を整理することもあるケースである。自然と事態が収拾するかどうかも含め、しばし観察していた。

 老若男女、世代を問わずに写真をリクエストしていた。1人、また1グループずつ応じていた。身長183cmの中田選手は時に膝を軽く折り、相手の目線に合わせていた。リクエストしてきた方が目いっぱい手を伸ばしての自撮りでの2ショットの求めにも、笑顔でフレームに収まっていた。内容は聞き取れないが、軽く会話もかわしていた。

 敗戦していただけに、勝利の後よりも気乗りするはずはないシチュエーションだった。試合の緊迫感、重圧からも解放されるひとときだったはずである。中田選手は、笑顔を絶やすことなくお願いをされた全員に応えていたのである。微笑ましい一コマ。広報ではあるが、その場を整理、制限することは控えた。

【次ページ】 「1人と撮ったからみんなともすべき」

1 2 3 NEXT
北海道日本ハムファイターズ
中田翔
栗山英樹

ページトップ