酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

衣笠祥雄&山本浩二はONにも匹敵。
18年で4657安打のスーパーコンビ。

posted2018/04/26 11:30

 
衣笠祥雄&山本浩二はONにも匹敵。18年で4657安打のスーパーコンビ。<Number Web> photograph by Kyodo News

2131試合連続出場を果たした衣笠祥雄さん。花束を渡したのは阿南準郎監督と、若かりし日の落合博満さんだった。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 衣笠祥雄さんは4月19日、BSでDeNA-巨人戦の解説をした。しかしその声はいつにもまして甲高く、かすれて木枯らしのようだった。風邪でも引いたのか、体調が悪いのか気をもんだが、旬日を経ることなく訃報が届いた。

 死の直前まで、解説の仕事を続けた。衣笠さんは引退してからも「鉄人」であり続けたのだ。

 衣笠祥雄は、一匹狼ではなかった。終生のライバルを持ち、弱いチームを自らの力で強豪へと押し上げた野球人だ。何よりもそれが偉大だった。

 NPB史上で、15年以上一緒にプレーをして、そろって1000本安打、200本塁打をクリアしたコンビを列挙する。

<広島 衣笠祥雄、山本浩二 18年(1969-86年)>
衣笠祥雄 2332試合 8513打数 2318安打 463本 1333点 打率.272
山本浩二 2284試合 8052打数 2339安打 536本 1475点 打率.290

<ヤクルト 若松勉、杉浦亨 18年(1972-89年)>
若松勉 1950試合 6534打数 2090安打 217本 869点 打率.320
杉浦亨 1596試合 4751打数 1356安打 209本 708点 打率.285

<巨人 長嶋茂雄、王貞治 16年(1959-74年)>
長嶋茂雄 2056試合 7592打数 2318安打 415本 1430点 打率.305
王貞治  2072試合 6734打数 2051安打 634本 1544点 打率.305

<中日 大島康徳、谷沢健一 16年(1971-86年)>
大島康徳 1828試合 5763打数 1580安打 306本 894点 打率.274
谷沢健一 1805試合 6391打数 1955安打 262本 924点 打率.306

<近鉄 栗橋茂、羽田耕一 16年(1974-89年)>
栗橋茂  1550試合 4674打数 1301安打 215本 701点 打率.278
羽田耕一 1770試合 5568打数 1415安打 213本 778点 打率.254

 藤村富美男と別当薫、中西太と豊田泰光、張本勲と大杉勝男、野村克也と門田博光、掛布雅之と岡田彰布、秋山幸二と清原和博、金本知憲と前田智徳、松井秀喜と高橋由伸など、ファンを沸かせたスラッガーのコンビは枚挙にいとまがない。

 しかし2人に年齢差があったり、両雄並び立たずで一方が移籍したりして「名コンビ」は長続きしないのだ。

【次ページ】 長嶋・王と並んでNPB史上最高のコンビだった。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
衣笠祥雄
山本浩二
広島東洋カープ

ページトップ