フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

羽生結弦、66年ぶりの五輪連覇!
宇野昌磨の銀と共に歴史的快挙。

posted2018/02/17 20:20

 
羽生結弦、66年ぶりの五輪連覇!宇野昌磨の銀と共に歴史的快挙。<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

順位が確定した後、羽生、宇野、フェルナンデスら3人は自然と抱きしめあった。全力を尽くして戦った3人の、互いへの敬意が溢れる美しいシーンだった。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Kaoru Watanabe/JMPA

 2018年平昌オリンピックの氷の上で、私たちは奇跡を見せてもらった。

 2月17日、江陵アイスアリーナで開催された男子の決勝。羽生結弦がトップを保ち、ソチオリンピックに続く2度目の金メダルを射止めた。男子のオリンピック2連覇はディック・バトンに続く66年ぶりの快挙となった。

 宇野昌磨が3位から1つ順位を上げて銀メダル。ハビエル・フェルナンデスが銅メダルを獲得。日本がオリンピックの金と銀を並んで獲得したのは、フィギュアスケート史上初めてのことである。

 予感は朝からあった。朝の公式練習で、羽生は曲に合わせながら4サルコウ、4トウループなどをきれいにきめたあと、自分の中でイメージをするようにしばらく振り付けをさらい、まだ音楽が終わる前にジャケットを羽織った。そして中央でお辞儀し、氷から上がった。本番のためにエネルギーをセーブして周到に準備をしている。そういう印象を受けた。

羽生が、耐え抜いた右足首に感謝を。

 羽生は最終グループの、4人目の滑走だった。観客席が無数の日の丸で埋まる中、アイボリーから真っ白にと新調したコスチュームを身に着けて、出てきた羽生。怖いほど集中している真剣な表情で氷の中央に立った。

 馴染み深い『SEIMEI』のメロディが流れはじめ、4サルコウがきれいに入る。悲鳴にも似た歓声が、場内を包んだ。4トウループ、そして軸がきれいな3フリップ。一つ一つのジャンプの質の高さは、負傷する前と少しも変わっていない。4サルコウ+3トウループをきれいに降りた後、4トウループでステップアウトしたのが唯一大きなミスだった。

 最後の3ルッツではもうおそらく右足首がギリギリの状態だったのではないか。バランスを崩しかけながらも耐えたのは、彼の意思の力と体幹の強さだろう。

 滑り終えると感無量の表情をし、うずくまって右足首を押さえた。痛むのかと思ったが、耐えてくれたことに感謝をしていたのだという。

 これはもう誰も勝てない。羽生の優勝だ。そう確信した。

 フリー206.17、総合317.85という数字が出ると、会場中が熱狂的な歓声に包まれた。優勝が決まると、待機していたグリーンルームで涙ぐむ羽生の姿がスクリーンに映し出された。

【次ページ】 怪我を乗り越えて勝利を手にした理由。

1 2 3 4 NEXT
羽生結弦
宇野昌磨
ハビエル・フェルナンデス
ボーヤン・ジン
ネイサン・チェン
ビンセント・ゾウ
パトリック・チャン
田中刑事
ディック・バトン
平昌五輪
オリンピック

ページトップ