F1ピットストップBACK NUMBER

F1の魅力は究極の駆けっこなのに。
PU新ルールに各方面から不評の声。

posted2018/01/14 07:00

 
F1の魅力は究極の駆けっこなのに。PU新ルールに各方面から不評の声。<Number Web> photograph by Getty Images

2017年のマクラーレン・ホンダは、名手アロンソにして、完走扱いを含めれば10回リタイアという信頼性の低さだった。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2018年からF1にまた新しいレギュレーション(ルール)が適用される。

 昨年は、パワーユニットを年間通して4基しか使用できなかった。それが、今年からはさらにパワーユニットの6つの構成部分のうち、エンジン(ICE)、MGU-H、ターボチャージャーは年間3基、MGU-K、エナジーストア、コントロールエレクトロニクスは2基に制限される。これを超えて使用すると、グリッド降格ペナルティが科せられる。

 この適用に異を唱えたのがルノーとホンダだ。彼らは昨年も年間4基の制限を超えるパワーユニットを使用し、大量のグリッド降格ペナルティを受けてしまったからだ。

 中でもマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンの2人が昨年受けたグリッド降格ペナルティは合計約400にも上る。

 しかし、パワーユニットの信頼性で勝るメルセデスとフェラーリは「1年前から決定したこと」と意に介さなかった。一度決まったレギュレーションの変更には全チームの同意を得る必要がある。果たして、新レギュレーションは変更されることなく、今シーズンから適用されることになった。

PU年間使用代金は約30億円とFIAは財政を案じたが。

 ここに現在のF1が抱えている問題が潜んでいるように思う。

 パワーユニットの年間使用基数制限は、高騰する開発費を抑制するために導入された案だ。現在のパワーユニットの年間使用代金は約30億円。パワーユニットの基数に制限を設けなければ、開発費は高騰し、それはパワーユニットの代金に跳ね返ってくるだろう。

 30億円以上ともなれば、小規模チームがパワーユニットを購入できなくなる。新しい年間使用基数制限は、小規模チームの財政を案じたFIAが講じた策だった。

 だが、それはレースを運営する側の論理。見ている側の人々の思いとは乖離しているのではないか。

【次ページ】 使用制限を設けたことでレースのペースが落ちる。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
パワーユニット
ルイス・ハミルトン
長谷川祐介

ページトップ