スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

箱根駅伝で210人中58人がナイキ。
メーカー契約が勢力図を変える日も?

posted2018/01/14 08:00

 
箱根駅伝で210人中58人がナイキ。メーカー契約が勢力図を変える日も?<Number Web> photograph by AFLO

全員がナイキに身を包んで戦い、箱根駅伝2位に入った東洋大。その足元を巡る戦いも、非常に熱い。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

AFLO

 間違いなく、『陸王』の影響だ。

 これほどまで、箱根駅伝で選手たちが履くシューズが注目されたことはなかった。

 1月3日、私が出演したTBSラジオの番組『おはよう一直線』では、宇垣美里アナに「学校とシューズの関係は、どうなっているんですか?」という趣旨の追加質問をされたほどである。

 関心の高まりはとどまるところを知らないが、『文春オンライン』で至れり尽くせりの記事が出た。

今年の箱根はアシックスからナイキに“政権交代”が。

 箱根駅伝で走った210名の選手のうち、今年もっとも好まれたのはナイキであり、アシックスが長らく天下を取っていた時代から「政権交代」が行われたという話だ。

<2018年箱根駅伝のシューズ内訳>
・ナイキ 58人
 (ナイキV【ヴェイパーフライ、ズームフライ等の厚底タイプ】=39人+ナイキ【その他のナイキ】=19人)
・アシックス 54人
・ミズノ 37人
・アディダス 35人
・NB(ニューバランス) 23人
 (NBML【NBの三村仁司さんモデル】=18人 + NB【その他のニューバランス】=5人)
・ML(三村モデル)【NBと契約する前に三村さんが「ミムラボ」で作ったシューズ】=3人

<2017年箱根駅伝のシューズ内訳>
・アシックス 67人
・ミズノ 54人
・アディダス 49人
・ナイキ 36人
・ニューバランス 4人

(「EKIDEN News」調べ)

 その理由としては、ナイキから厚底の「ヴェイパーフライ4%」の登場したことが大きいが、全210名の選手たちが履いたシューズのリストを見た時、私は1月1日に読了した本のことを思い出した。

【次ページ】 “SHOE DOG”で描かれたアメリカの大学スポーツ事情。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
東洋大学
青山学院大学
八村塁

ページトップ