“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

選手権初戦敗退でも逸材1年生が!
興梠+岡崎型の草津東・渡邉颯太。

posted2018/01/05 11:55

 
選手権初戦敗退でも逸材1年生が!興梠+岡崎型の草津東・渡邉颯太。<Number Web> photograph by Takahito Ando

滋賀県の選手権決勝では、まだ1年生ながらチームの主軸としてファイト溢れるプレーを見せつけていた渡邉。全国大会初戦で去るには惜しい逸材だ。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 初戦、前年度王者相手に0-5の敗退。

 このスコアだけを見ると、勝利チームばかりにスポットが当たり、負けたチームは何も話題にならない一戦だったように思える。

 3年ぶりの出場となった滋賀県代表・草津東は、初戦でいきなり青森山田と対戦。FW中村駿太(モンテディオ山形入団内定)とMF郷家友太(ヴィッセル神戸入団内定)の2人のJリーグ内定者を擁した前年度チャンピオンだ。

 当然、相手のチームに対する注目度は断然高く、試合も郷家と中村が2ゴールずつ決めての5-0だけに、より話題は青森山田の方に集中した。

 しかし、0-5の“0側”にキラリと輝く1年生ストライカーがいた。

抜群のゴールセンスを持つ草津東の1年生FW渡邉颯太。

 草津東の1年生FW渡邉颯太にとって、この選手権は人生初の全国大会だった。滋賀の中体連出身だが、高校進学まで全くの無名の存在だった。

「トレセンの選考会に行っても肩身が狭い思いだったし、(トレセンに)選ばれることは一切なかった」

 決してエリートではない。だが、中学卒業時に1学年上の兄・悠斗が草津東に進んだ影響もあり、兄の背中を追って地元の強豪校の門を叩いた。

「多分、僕は3年生になっても試合に出られないと思っていました。自分では無理だろうなと思ったけど、やっぱりやるなら強いところでやりたかったし、兄ともう一度一緒にサッカーをしたかった」

 しかし彼は一気にその才能を開花させ、ド派手なデビューを飾ることになった。1年生の新人大会準決勝で1試合4得点をマークしたのだ。

 1年生ながら178cmの長身、そして抜群の身体能力とゴールセンスはすぐに小林茂樹監督の目に留まり、早くもAチームに呼ばれた。それでもまだ荒削りな部分が多く、レギュラー獲得にまでは至らなかったが、その後、関西の強豪校が集まって実施される1年生リーグ『関西U-16~Groeien~2017(Gリーグ)』のG2リーグにおいて、得点を量産した。

【次ページ】 空中戦に強くスプリントを生かし、シュートも巧み。

1 2 3 4 NEXT
草津東高校
渡邉颯太
青森山田高校
中村駿太
郷家友太

ページトップ