“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

ユース世代でFC東京U-18が快挙!
佐藤一樹監督、驚異のチーム管理術。

posted2017/12/16 08:00

 
ユース世代でFC東京U-18が快挙!佐藤一樹監督、驚異のチーム管理術。<Number Web> photograph by Takahito Ando

高円宮杯U-18プレミアリーグ・イースト優勝で歓喜するFC東京の選手や関係者たち。極限のチームマネジメントが試された、稀有なチームでもある。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 ユース年代最高峰のリーグ戦である「高円宮杯プレミアリーグ」。今年のJリーグと似た光景が、東京ガス武蔵野苑多目的グラウンドで起こった。

 最終節を迎える時点で、首位は清水エスパルスユース。2位はFC東京U-18、3位は青森山田だった。

 FC東京U-18と青森山田は同じ勝ち点、同じ得失点差。清水ユースとの勝ち点差は僅かに1だった。

 最終戦は清水ユースが柏レイソルU-18と対戦し、FC東京U-18と青森山田は直接対決に臨んだ。清水ユースが引き分け以下の場合、この直接対決に勝った方が逆転優勝となる。その状況で、ドラマを起こしたのがFC東京U-18だった。

 ホームで迎えた青森山田との最終戦。「選手や僕自身も清水の結果は耳に入れないようにした」と佐藤一樹監督が語ったように、余計な情報を選手たちの耳に入れることなく、目の前の勝負に徹することにした。

劇的な展開で、ついに悲願の優勝へ!

 FC東京U-18は30分にMF品田愛斗のゴールで先制すると、57分にはMF横山塁が追加点を奪い、2点を先行。その後、青森山田に1点を返されるが、77分には交代出場のMF久保建英が鮮やかなドリブルシュートを決めて、3-1。85分にもう1点返されはしたが、結局この久保のゴールが決勝弾となった。

 タイムアップから数秒後、ベンチに柏U-18が清水ユースに2-1で勝利した情報が入り、逆転優勝が決まった。昨年は最終戦で青森山田との直接対決に敗れ、優勝を逃していただけに、喜びはひとしおだった。

【次ページ】 「1年間で3年分考えましたよ(笑)」

1 2 3 4 5 6 NEXT
佐藤一樹
品田愛斗
横山塁
久保建英
FC東京
清水エスパルス
青森山田高校
東京五輪
オリンピック

ページトップ