第36回 Number MVP賞 桐生祥秀

桐生祥秀

賞金50万円&JAL国際往復航空券

 その年、最もスポーツファンを興奮させたアスリートに贈る『ナンバーMVP賞』。36回目となる2017年のMVPは、9月9日の日本インカレ100mで9秒98を記録し、ついに“10秒の壁”を突破した、東洋大学の桐生祥秀選手に決定しました。

 9秒98という記録は、これまで10秒の壁に挑んで撥ね返されつづけた選手たちの努力が、日本の短距離の実力を「リレーのメダルは当然」というステージまで引き上げた証しでもあります。

特別賞 浅田真央

浅田真央

賞金50万円&JAL国際往復航空券

 2005年夏に14歳で633号「天才少女伝説」の表紙を飾っていただいて以来、小誌にとって浅田真央さんは、最愛にして特別なアスリートでした。

 3回の世界選手権優勝、バンクーバー五輪銀メダルなど輝かしい成績はもちろんですが、不屈の精神でスケートに向き合う姿勢は、観るものに新鮮な感動を与えつづけました。これほど世界中から愛された日本の女性アスリートを私は知りません。

 その功績を讃え、小誌38年の歴史の中で2004年イチロー選手以来2人目となるナンバーMVP特別賞を贈呈いたします。

スポーツ・グラフィック・ナンバー
編集長 松井一晃

※なお、桐生祥秀選手のナンバーMVPインタビュー「自分の100パーセントは、まだわかりません」と、浅田真央選手の特別インタビュー「今までのわたし、これからのわたし」が、12月20日発売のナンバー942号「VOICE of 2017-18」に掲載されています。

コラムで振り返る2017年の桐生祥秀と浅田真央

桐生祥秀コラムをもっと読む
浅田真央コラムをもっと読む

Number MVP賞 歴代受賞者
  • 第1回 (1982年) 広岡達朗
  • 第2回 (1983年) 青木功
  • 第3回 (1984年) 山下泰裕
  • 第4回 (1985年) 吉田義男
  • 第5回 (1986年) 清原和博
  • 第6回 (1987年) 岡本綾子
  • 第7回 (1988年) 千代の富士貢
  • 第8回 (1989年) ラグビー日本代表
  • 第9回 (1990年) 野茂英雄
  • 第10回 (1991年) 中嶋悟
  • 第11回 (1992年) 亀山努
  • 第12回 (1993年) 三浦知良
  • 第13回 (1994年) 長嶋茂雄
  • 第14回 (1995年) イチロー
  • 第15回 (1996年) 伊達公子
  • 第16回 (1997年) 中田英寿
  • 第17回 (1998年) 清水宏保
  • 第18回 (1999年) 松坂大輔
  • 第19回 (2000年) 高橋尚子
  • 第20回 (2001年) イチロー
  • 第21回 (2002年) 稲本潤一
  • 第22回 (2003年) 松井秀喜
  • 第23回 (2004年) 北島康介
  •     (特別賞) イチロー
  • 第24回 (2005年) 武豊
  • 第25回 (2006年) 王貞治監督と
    WBC日本代表
  • 第26回 (2007年) 中村俊輔
  • 第27回 (2008年) 上野由岐子
  • 第28回 (2009年) 原辰徳
  • 第29回 (2010年) 本田圭佑
  • 第30回 (2011年) 澤穂希
  • 第31回 (2012年) 内村航平
  • 第32回 (2013年) 上原浩治
  • 第33回 (2014年) 羽生結弦
  • 第34回 (2015年) ラグビー日本代表
  • 第35回 (2016年) 大谷翔平

ページトップ