マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

高卒と大卒、志望届を2度出すも……。
指名されなかった人が見たドラフト。

posted2017/11/28 07:00

 
高卒と大卒、志望届を2度出すも……。指名されなかった人が見たドラフト。<Number Web> photograph by Kyodo News

ドラフト会議が華やかなのは、自分とは遠いところで他人の人生が揺れるからだ。当人たちにとっては本当に厳しい瞬間なのだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 ドラフト会議からおよそ1カ月。

 今のところ、昨年の日本ハム6位指名・山口裕次郎投手(履正社高→現・JR東日本)のような「入団拒否」を伝える報道も聞こえて来ず、今年は各球団、順調な入団交渉を進めているようだ。

 そんな中、ある人のこんなつぶやきが、なんだか気になっていた。

「指名された人はいいけど、志望届を出したのに指名されなかった人はどうしてるんだ、今ごろ……」

 プロ野球志望届を提出するには、いくつかの理由や動機がある。

 まず最も多いのが、真剣にプロ野球の世界でプレーすることを熱望し、ドラフト指名に備えて志望届を提出する場合。さらに四国、北信越等々にある独立リーグへ進もうとする者も提出しなければならないし、メジャーリーグに挑戦しようとする選手も同様である。

 この制度が始まったのは2004年からだが(大学生は2007年)、志望届を提出した選手は、その名前が連盟のホームページなどで公表されるので、自分が高校野球や大学野球を続けてきた“記念”や“足跡”として志望届を提出する者もいたが、ここ数年はそうした冷やかし組はほとんどいなくなったようだ。

高校生の50%以上、大学生は70%が指名されない。

 今年のドラフトでは、106人の高校生がプロ志望届を提出し、そのうち49人がドラフト指名され、大学生は105人が提出して33人が指名された(どちらも育成ドラフトを含む)。

 ある人が「どうしてるんだろ……」と心配していた、「指名されなかった人」は、高校生で54%、大学生では70%近くに及んでいた。

「一度ならまだしも、高校でも、大学でもプロ志望届を出して、2度とも指名漏れした人だっているんでしょう?」

 その心配は、さらに広がっていた。

【次ページ】 「育成でもOKって言ってる選手は経済的に余裕が」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
山口裕次郎

ページトップ