マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

全巡目から1人ずつ選んでみると……。
「妄想ひとりドラフト」1位は誰に?

posted2017/11/06 07:00

 
全巡目から1人ずつ選んでみると……。「妄想ひとりドラフト」1位は誰に?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

清原和博を超える1大会6本塁打でスターになったが、中村奨成は守備も「超」がつく一流なのだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「妄想 ひとりドラフト」

 ドラフト会議が差し迫ると、私は毎回その中で、こういう“シミュレーション”をやってみる。

「ひとりドラフト」なので、私が12球団の幹部になりすまして、12球団すべてのドラフト指名を実際にやってしまうのだ。

 もちろん、現実ベース。

 12球団の現状と近未来の状況を考え合わせ、「プロ志望届」を出した選手の中から、コイツこそ! と思われる選手を順次指名していく。そこには、チーム構成も考えねばならないし、この指導者にこの選手はうまくフィットするのか? このチームのムード、この町のムードに、この選手がマッチしていけるのか? ……お節介にも、そこまで考えて指名する選手が70人前後にも及ぶから、「選択完了!」の瞬間には、そりゃあぐったりと疲れるものだ。

各巡目の中から、理想の選手を選んでいくと……。

 そのひとりドラフトを、今回はちょっと趣向を変えて行なってみたい。

 題して「ひとりドラフト・現実版」。

 10月26日、にぎにぎしく行なわれた「2017プロ野球ドラフト会議」。その結果を踏まえて、自分が“13球団目”の幹部になって、勝手にドラフト会議に参入。

 1位以降、各順位の指名選手たちを対象に、「ウチの球団ならこの選手を指名する」とそれぞれ1人ずつを選択指名。私にとっての理想のドラフト指名を行なってみるのだ。

 1位指名はいっせい入札なので、こちらも勝手に指名して、勝手に抽選も勝たせていただき、2位以下も全巡目で指名された12人の中から1人を自由に選べる、というやや厚かましい想定で行うことにした。

【次ページ】 最大の焦点、清宮幸太郎については“辞退”。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
清宮幸太郎
中村奨成
安田尚憲
鈴木博志
ドラフト会議

ページトップ