フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

カナダ杯で『君が代』流した宇野昌磨。
300点越え圧勝で五輪へ向け視界良好。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/10/30 18:20

カナダ杯で『君が代』流した宇野昌磨。300点越え圧勝で五輪へ向け視界良好。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

カナダのメディアでは「五輪でも間違いなくメダル候補」と報道された宇野。

あのプルシェンコでさえ手こずった4ルッツを……。

 かのエフゲニー・プルシェンコでも試合で成功できなかったこの4ルッツを、ここ2シーズンほどで違う国籍と背景の選手が次々成功させているのは、驚くべき現象である。

 サマリンは「ここで表彰台に上がれるとは思っていなかった。これからの課題はコンポーネンツを上げていくこと」とコメント。

 確かに4回転ジャンプはみごとだったが、トランジションや音楽表現などはまだまだジュニアの滑りで、2位のブラウンと対照的な銅メダリストだった。

4位に終わったベテラン、パトリック・チャン。

 カナダのパトリック・チャンは、SP、フリーともデイビッド・ウィルソン振付の新プログラムを披露した。

 SP『ダスト・イン・ザ・ウィンド』で4+3トウループ、3ルッツを成功させ3アクセルでは手をついたものの、リンクを大きく使ったスピードのある演技で94.43を獲得。

 彼のスケーティングでリンクの周りの空気全体も一緒に動かしていくような力を持った演技だった。

 だが翌日のフリー『ハレルヤ』では、冒頭の4トウループで転倒。次の3ルッツはなんとか降りたが、アクセルが2度とも2回転半、ループも2回転に。最後のステップシークエンス、コンビネーションスピンはみごとだったが、クリーンに降りた3回転がわずか3度で、フリーは151.27で7位。総合245.70で4位に終わってしまった。

「体が思うように動かなかった。昨日のように調子が良い日の翌日は、体力が落ちてしまう。体調が100%ではなく、重心が上に上がってジャンプの入り方も急いてしまった。でも試合でこれほどひどい演技をしたことはなかったので、今やっておいて良かったかもしれません」と苦笑いを見せた。

 ファンの間で、NHK杯は欠場かという噂が広がっているようだけれど、と確かめると、本人はびっくりした表情で「ええ! それはないです!」と即答。

「NHK杯はシニアデビューした年に出たとき以来。これで一回りしたことになる。GPシリーズは今季が最後なので、終わりまできっちりとやるつもりです」と断言した。

【次ページ】 厳しい結果に「1からやり直す」と無良崇人。

3/4ページ
関連キーワード
宇野昌磨
樋口美穂子
荒川静香
ジェイソン・ブラウン
パトリック・チャン
無良崇人

ページトップ