Number ExBACK NUMBER

デムーロ、戸崎圭太が語る騎乗哲学。
「競馬、難しい」「ゾーンに入った」

posted2017/10/19 11:00

 
デムーロ、戸崎圭太が語る騎乗哲学。「競馬、難しい」「ゾーンに入った」<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

今年の騎手リーディングは戸崎、ルメール、デムーロの完全な三つ巴。最後に先頭に立っているのは誰なのだろうか。

text by

松本宣昭(Number編集部)

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

Keiji Ishikawa

 普段、馬券はめったに買わない。だって、当たらないから。でも、当ててみたい。GIの後に、いつもほくそ笑んでいる競馬担当デスクが羨ましい。

 というわけで、スポーツ誌編集者の特権を活かして、Number937号に掲載したミルコ・デムーロ騎手へのインタビュー取材の最後に、質問してみた。

 パドックを歩いている馬の中から、勝てる馬を見極めるには、どこを見ればいいですか?

 イタリアの名手は、ちょっと困ったような笑顔とともに、語り始めた。

「難しい質問ですね。僕も何回か考えたことがあります。でも、僕が仮に馬券を買えたとしても当たらない(笑)。難しいです。良い具合の馬を見分ける方法として、まず大事なのは綺麗な馬であること。シャイニング。光ってる。そして、お腹が大きすぎず、細すぎず、バランスがいいこと。リラックスしていて、動きが柔らかいことも大事ですね。でも、パドックで良くても、返し馬になるとすごくテンションが上がったり。やっぱり競馬、難しいです(笑)」

「良い馬は、ゲートに入る直前に心臓が」

 本馬場に出て、大歓声を聞いた馬のテンションはどうなるのか。騎手は、自身の「膝」で感じているのだそうです。

「馬はすごく敏感です。心臓の音、振動が、足に伝わってくるんです。ドン、ドドンって。特にGIのようなビッグレースでは、よく動く。良い馬は、ゲートに入る直前にドンッ、ドンッて心臓が動き出します。それまでは、おとなしい。パドックや返し馬のときに心臓をたくさん動かすと、どんどん力を使っちゃいますから。良い馬は、すごい。さすがです」

 返し馬からゲートが開くまでの、トップホースに跨るトップジョッキーにしかわからない、特別な感覚。

【次ページ】 戸崎圭太が“ゾーン”に入っていた1つのレース。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ミルコ・デムーロ
戸崎圭太

ページトップ