Number ExBACK NUMBER

グッズにかけた総額は3500万円!?
人気放送作家の“カープ部屋”に潜入。

posted2017/10/04 11:30

 
グッズにかけた総額は3500万円!?人気放送作家の“カープ部屋”に潜入。<Number Web> photograph by Kazuhiro Ozawa

下階にて、奥田民生さんと球団のコラボギターを持つ桝本壮志さん。右側に見える棚にカープグッズがびっしりと収納されている。(撮影:小沢一敬)

text by

二瓶仁志(Number編集部)

二瓶仁志(Number編集部)Hitoshi Nihei

PROFILE

photograph by

Kazuhiro Ozawa

 マンションの一室に足を踏み入れると、すさまじい空間が広がっていた。

 玄関から続く上階と、さらに広い下階からなるメゾネットタイプの住宅。

 入室してすぐ目に入るのは、額に入れられたユニフォームの列。少し足を進めると、クローゼットにぎゅうぎゅうに掛けられたユニフォームが並ぶ。後ろを振り向けば、天井まで伸びる本棚に、大量の野球雑誌が収納されている。

 階段を降りると、壁一面に取り付けられた収納棚に、サインボールやベースボールキャップ、フィギュアなどさまざまな小物がすき間なく並んでいた。

 これらはすべて、カープグッズだった。

「くだらねえなぁ、というのが手に入るとうれしくなっちゃって」

 笑いながらそう語るのは、大のカープファンである桝本壮志さん。総額3500万円にも及ぶというグッズの持ち主で、『天才!志村どうぶつ園』、『ナニコレ珍百景』、『あのニュースで得する人損する人』、『今夜くらべてみました』、『AKBINGO!』、『バイキング』、『Going! Sport&News』など人気番組を手がける放送作家である。

 桝本さんは親友のスピードワゴン・小沢一敬さん、チュートリアル・徳井義実さんとシェアハウスをして暮らしている。その家とは別に、カープグッズを保管するためにマンションの一室を借りているのだ。

カープのグッズは種類が多い上に、変!

「最近、球団がグッズ作りすぎ! というファンの方がいますが、昔からなんですよ。カープはずっと大量にグッズを作り続けていて、しかも変なものが多いんです」

 Number936号「カープの時代」の企画「3500万円のカープグッズを見よ!」では、小沢一敬さんとともに桝本さんの“カープ部屋”に潜入。壁一面に飾られたグッズを撮影し、貴重品から珍品まで、イチ押しのグッズについて、桝本さんと小沢さんに語り合ってもらった。

 見た目のおもしろさも含め、カープグッズの全容は本誌をぜひご覧いただきたいが、今回のNumber Exでは、誌面で扱いきれなかった逸品を紹介する。

【次ページ】 桝本さんが唯一手に入れていない「カープ消火器」って?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
小沢一敬
桝本壮志
広島東洋カープ

ページトップ