欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

吉田麻也を正当に評価してもらう。
戸田和幸「日本人CBで総合力No.1」

posted2017/09/18 09:00

 
吉田麻也を正当に評価してもらう。戸田和幸「日本人CBで総合力No.1」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

表情もザッケローニ体制時以上に風格が出てきた吉田。イングランドで揉まれた経験値は伊達ではない。

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 ロシアW杯最終予選の日本代表、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合ごとに陣容を入れ替える采配を見せた。その中で唯一フルタイム出場を果たしたのが吉田麻也だった。

 初戦のUAE戦で警告を受けながら、最終戦のサウジアラビア戦まで2枚目の警告を受けず、長谷部誠不在時にはキャプテンマークを巻き、最終予選のMVPに名を挙げる識者も多い。

 29歳にして充実の時を迎える吉田。そこで、プレミアリーグなど国内外の試合を数多く解説する戸田和幸氏に、その成長ぶりについて語ってもらった。

センターバックとしてのトータルバランスが高い。

――今回は「センターバック吉田麻也」という選手の能力を正しく評価したい、というテーマでお話ししていただこうと思っています。まず根本的なところなのですが、彼のセンターバックとしての特徴から教えていただけますか?

「プレミアリーグのセンターバックと言えば、少し前で言うとリオ・ファーディナンドやジョン・テリー、現在ではストーンズ、コンパニ、アルデルヴァイレルトなどが代表的な存在だと思いますが、吉田選手も彼らと同じくトータルバランスに優れたセンターバックだと見ています。

 身長189cmは日本人としては非常に大きいですが、イングランドではそのサイズがCBとしてのスタンダードとなるので彼の高さ自体が大きな特徴にはなりませんがジャンプのタイミングや落下地点の予測が良いので空中戦にも存在感を見せています。

 スピードに関しては、昨シーズン途中にスプリントのスピードが速くなったとのニュースもありましたが確かに最初の10m、それから反転する動きとその後の足の運びは確実によくなってきると感じます。

 またセンターバックとしてはプラスアルファの要素になりますが後方から安定した配球ができるのも彼の強みです。

 もしセンターバックとしての能力を数値化して図形で表すならば、日本のセンターバックの中では最もバランスの取れた尚且つそのサイズが大きなその選手だと思います。

 そして地道なトレーニングやレギュラーとして出場し続けてきた事でその面積が少しずつ広がってきた印象です。

 インターナショナルレベルにおいて図抜けた身体能力を持ったCBではありませんが、それを正しく理解した上で頭を使ってプレーすることが出来ています」

【次ページ】 本人も「難しいことをしすぎない」と。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
戸田和幸
吉田麻也
中澤佑二
田中マルクス闘莉王
サウサンプトン
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ