話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

史上最強から3年後の湘南スタイル。
秋元陽太、GK視点で見るDNAと変化。

posted2017/09/09 07:00

 
史上最強から3年後の湘南スタイル。秋元陽太、GK視点で見るDNAと変化。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

湘南の最後方に戻ってきた秋元。J1で苦い経験をした30歳は、自らを飛躍させたクラブのためにすべてを尽くしている。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 勝ち点3がスルリと抜けていった。

 横浜FCの勝利への執念と粘りに湘南ベルマーレは堪え切れず、ラストプレーでまさかの失点。レアンドロ・ドミンゲスに2点目を決められた湘南GK秋元陽太は、悔しさをかみ殺してゴールからボールを掻き出した。

「もったいなかった。最後の最後でなぜ、ああなってしまったのか……」

 落胆した声がショックの大きさを物語っていた。

 負けに等しい勝ち点1。

 2-1のままで勝っていれば湘南は2位の福岡に勝ち点差9をつけ、残り11試合の段階とはいえJ1昇格に向けて優位に立てた。しかし、2-2のドローにもちこまれ、勝ち点差7のままに終わった。

 しかもこの日は7月22日山形戦以来、7試合ぶりの複数失点だった。

今の湘南の優先事項は、失点をしないこと。

 湘南が現在、首位を走っている最大の要因は安定した守備にある。この日まで31試合で23失点はJ2最少失点だ。ちなみに「史上最強」と言われた2014年の湘南も86得点を奪うとともに、25失点でJ2最少失点を達成し、J2優勝を果たした。

 ただ当時ほどの攻撃力がない現在の湘南が勝つためには、失点をしないことが最優先事項となる。それだけに秋元は、この試合の2失点にまったく納得がいかなかった。

「ともに防げる失点でしたからね。最後、自分たちが3点目がとれていれば良かったんですけど、前線で取り切れなかった。そういう時にこそラインを高くしたり、セカンドボールの処理をしっかりしていれば、最後に押し込まれて失点することはなかったと思うんです。それだけにすごく悔しいですし、なぜそうなったのか。これからしっかりビデオを見て分析したいと思います」

 秋元は厳しい表情で、そう言った。

【次ページ】 「今のチームはとにかく真面目なんです」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
湘南ベルマーレ
秋元陽太

ページトップ