話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

史上最強から3年後の湘南スタイル。
秋元陽太、GK視点で見るDNAと変化。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/09/09 07:00

史上最強から3年後の湘南スタイル。秋元陽太、GK視点で見るDNAと変化。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

湘南の最後方に戻ってきた秋元。J1で苦い経験をした30歳は、自らを飛躍させたクラブのためにすべてを尽くしている。

このままJ1に行っても通用しないからこそ。

 そして3年前と比較して、秋元自身の役割も変わってきた。

 秋元は昨年、FC東京に移籍したが「実力不足」で思うようなプレーができずに苦しんだ。またチームにもうまくとけこむことができず、わずか1年で湘南に戻ってきた。苦しい時を過ごして人間的に成長した秋元は湘南では副キャプテンになり、主力としての振る舞いを見せるようになった。

「'14年の時は愛媛から移籍してきたばかりだったので、航や亮太にけっこう頼っていた部分がありました。でも、今はコーチングを含めて僕がしっかりとチームを引っ張っていかないといけないという意識でいます。その気持ちは'14年の時よりもすごく強いですね。今後も自分がリードしてやっていかないといけないと思っています」

 30歳になり、GKとしてはこれから脂が乗ってくる年齢だ。チームを最後尾から引っ張ってきた経験はJ1に上がった時、さらに活かされてくるだろう。

 今季J2は残り11試合、頂上は見えているのだろうか。

「いや、まだまだですね。まだ先が長いし、これからひとつふたつ波乱があるだろうなと思っています。チームとしてもこのままJ1に行っても通用しない。もっと自分たちを高めていかないといけない」

 勝っても負けても謙虚で誠実な姿勢を崩さず、失点は徹底的に分析する。そうして細部にこだわり、次戦にいかしていく準備を怠らない守護神がいるチームは、これからも安定した戦いでJ1昇格のゴールテープを切るに違いない。

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
湘南ベルマーレ
秋元陽太

ページトップ