スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

ダルビッシュとドジャースの快進撃。
前田健太すら巻き込まれる生存競争。

posted2017/08/19 08:00

 
ダルビッシュとドジャースの快進撃。前田健太すら巻き込まれる生存競争。<Number Web> photograph by AFLO

好投したダルビッシュを迎え入れるカーショーらドジャースの選手たち。実力派の選手が揃うからこそ、チーム内に厳しい競争も存在する。

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

AFLO

 ドジャースに移籍したダルビッシュ有が順調な再スタートを切っている。8月4日の対メッツ戦(移籍初戦)が7回(99球)を投げて無失点(被安打3、与四球1、奪三振10)。8月10日の対ダイヤモンドバックス戦が5回(106球)を投げて自責点2(被安打5、与四球2、奪三振10)。2戦目は制球に苦しむシーンもあったが、これは珍しくないことだし、つぎはまた別人のような投球を見せてくれる可能性が高い。ゾーンに入ったときのダルビッシュがアンタッチャブルであることは、これまでに何度も証明されている。

カーショー復帰で、前田がローテ外になる可能性も。

 では、ダルビッシュ加入は、ドジャースにどのような影響を与えているのだろうか。8月1日から12日までの11戦を、ドジャースは8勝3敗と、依然順調なペースで乗り切っている。先発投手の名を列記してみよう。

 1日=前田健太、2日=ブロック・スチュワート、3日=アレックス・ウッド、4日=ダルビッシュ有、5日=リッチ・ヒル、6日=柳賢振、8日=前田、9日=ウッド、10日=ダルビッシュ、11日=ヒル、12日=柳。ウッドとダルビッシュが2勝ずつをあげ、前田と柳が1勝ずつを記録している。

 基本形は5人のローテーションで、スチュワートはスポット先発だ。これでクレイトン・カーショーが8月末に戦線復帰すれば、柳かヒルか前田のうち、だれかひとりが先発ローテーションから外れる。いいかえれば、ダルビッシュの加入によって、もともと強力な先発陣はさらに競争が激しくなった。「スーパーカーだらけのガレージに、フェラーリがもう1台加わった」と評したメディアの反応も、あながち大げさとは言い切れない。チーム防御率リーグ1位(3.12)、奪三振数リーグ最多(1100個)、与四球数リーグ最少(304個)。総合力が図抜けている。

【次ページ】 生存競争の中で前田も柳も必死の快投を見せた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ダルビッシュ有
ロサンゼルス・ドジャース
クレイトン・カーショー
前田健太

ページトップ