“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

大学No.1GK、日本人守護神に警鐘!?
卒論に選んだのは「韓国人GK論」。

posted2017/07/24 08:00

 
大学No.1GK、日本人守護神に警鐘!?卒論に選んだのは「韓国人GK論」。<Number Web> photograph by Takahito Ando

ハリルホジッチ代表監督が求める「身長が190cm以上あるGK」の条件を満たす永石。次代の代表守護神としての期待がかかる。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 来季、セレッソ大阪に入団が内定している、福岡大学のGK永石拓海。

 191cm、86kgという恵まれた体格を活かしたセービングと、ハイボールの強さに加え、敏捷性も高く、至近距離からのシュートストップにも定評がある大学ナンバーワンGKだ。

 彼はプレーしながら、来年自らが進むJリーグで起こっている「ある現象」に危機感を抱き、学術的に取り組もうとしている。

「日本人GKの危機だと思っています」

 現在、Jリーグは空前の「韓国人GKブーム」にある。

 J1、2を含めて11人もの韓国人GKが在籍し、そのうちJ1には7人も在籍している。さらに言うと、その7人のうちキム・ジンヒョン(C大阪)、クォン・スンテ(鹿島、現在は負傷離脱中)、チョン・ソンリョン(川崎)、キム・スンギュ(神戸)、ク・ソンユン(札幌)の5人がレギュラーの座を掴んでいる。

 昨年はJ1で戦っていたアビスパ福岡のGKはイ・ボムヨン(現・江原FC、韓国)だったが、彼も含めると韓国代表経験のあるGKが実に5人(キム・ジンヒョン、クォン・スンテ、チョン・ソンリョン、キム・スンギュ)もいたことになる。

 まさにJリーグは韓国人GKが躍動する場所となっているのである。

より増えていく可能性がある、Jの韓国人GK。

 それ自体、悪いことではない。実際に彼らのクオリティーは非常に高いからだ。

 韓国人GKの特徴として、日本人よりもフィジカルや高さに優れ、パワフルなプレーを得意とする、というものがある。

 シュートストップ1つをとってもその特徴は明確だ。相手がジャストミートしたシュートを放ったとしても、力でねじ伏せられる強力なパワーで防げる選手が多い。またGKとしての気質面でも、闘争本能を前面に出しつつも、緊急時にも冷静に対処できるという両面性を持っており、失点直後の「リバウンドメンタリティー」も日本のGKよりも優れているとされている。さらにJリーグの場合は「アジア枠」で他の外国人枠とは異なる戦力としての計算もできる、という利点がある。

 こうした複数の理由から、多くのJクラブのスカウトが、クラブの補強ポイントとして「韓国人GK」の動向を優先的に追い続けており、特にリーグの規約が変わらなければ今後もさらに増えていく可能性がある。

 Jリーグでプレーしている日本人GKのほとんどが、この現象に危機感を抱いているはずだ。

 そこで、これからJリーグに入ろうとする永石は大学生である立場を活かして、ある変わった取り組みを始めたのだ。

【次ページ】 身長が高い日本人GKも沢山いるのに、なぜ?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
永石拓海
福岡大学
セレッソ大阪
西川周作
中村航輔
キム・ジンヒョン
クォン・スンテ
チョン・ソンリョン
キム・スンギュ
ク・ソンユン

ページトップ