話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

サンフレッチェが苦しむ「0-1」。
実は難しい、点取り屋不在の解決。

posted2017/06/23 07:00

 
サンフレッチェが苦しむ「0-1」。実は難しい、点取り屋不在の解決。<Number Web> photograph by SANFRECCE

第15節終了時点のチーム内得点王は工藤とロペス(3得点)である。ここにパトリックが加わる可能性が高まっているが、果たして……。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

SANFRECCE

 サンフレッチェ広島が低迷し、長いトンネルからなかなか抜け出せないでいる。

 W杯予選による2週間の中断明けの試合となった川崎フロンターレ戦は、広島が再スタートを切るために極めて重要な試合だった。

 水本裕貴は、こう言っていた。

「あの2週間、選手は自分たちの置かれている状況を確認し、練習でアピールしてスタメンの座を掴むことを意識してやってきた。チームとしては最近はボールロストが多いので、その改善をして、もしそうなったとしても慌てずに対応しようと確認した。結果的に攻守両面でいい練習ができていたと思います」

 守備練習ではボールホルダーに対して厳しくアプローチし、さらに川崎のパスサッカーを封じるためにワンツーにもしっかりついていくことを徹底した。一方、攻撃ではカウンターでいかに点を取るかということに意志統一をはかった。

 何よりいい準備ができたからこそ、川崎戦に勝てれば「失いかけた自信」を取り戻すことができると考えていた。

攻撃面では川崎を圧倒することもあったが「0-1」。

 確かに、練習の成果は試合に表れていた。

 広島の選手たちは川崎に連動して厳しくチェックに行き、ボール奪取を狙った。相手ボランチのエドゥアルド・ネットはイラつきを抑えられず、イエローをもらうほどだった。

 攻撃面ではサイド攻撃から中に飛び込んでいく選手の数が増え、迫力のある攻撃で終盤は川崎をほぼ圧倒した。

 しかしスコアは0-1。ここまでやっても、勝つことができなかった。 

 試合後、青山敏弘が悔しさもあってか、ミックスゾーンでもほとんど話をしないまま通り過ぎた。そのくらい中断明けの一戦に懸けていたし、だからこそ勝てる試合を落としたショックが大きかったのだ。

【次ページ】 「やっぱり無得点で負けている試合が多いなって」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
サンフレッチェ広島
水本裕貴
工藤壮人
アンデルソン・ロペス

ページトップ